【あさイチ】クイズとくもり「今が旬!サーモンレシピ」活用レシピ

2021年9月28日放送のNHK『あさイチ』“クイズとくもり”は手軽に賢く!今が旬のサーモンレシピ!紹介されたレシピや活用術をまとめました!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

クイズとくもり「サーモンレシピ」

今日の“クイズとくもり”のテーマは、今が旬の「サーモン」!生の秋サケ絶品レシピ!

王道の塩焼き&アヒージョ&炊き込みごはん!脂がのった刺身用生サーモンの選び方&おすすめレシピ!しゃぶしゃぶ&漬け丼!強力な抗酸化作用のある「アスタキサンチン」に注目!缶詰料理研究家直伝!サケの缶詰で簡単“サケじゃが”!!

スポンサーリンク

王道の塩焼き

おうちで焼くとどうしてもパサパサになりがちな焼鮭…。
今が旬の「秋ザケ」を“身ふっくら!皮パリッ!”の絶品焼き鮭にする決め手は、塩の量

そこで、サケ料理専門店の料理長・野口晃生さんに教えてもらいました。

ベストの塩加減
秋ザケ1切れにベストの塩加減は、1グラム(ひとつまみ)
*塩は焼く直前にかけると◎!

フライパンで焼き上げるコツ

  1. 秋ザケの両面にまんべんなく塩をふりかける。
  2. フライパンに薄く油を引き、中火で温めたら、鮭を皮目から焼く。
  3. 1~2分経って皮側の身が1~2割ほど白くなってきたら裏返す。
  4. 裏返したらフタをして3~4分蒸し焼きにする(水分を逃さないように蒸し焼きに!)
  5. フタを開けてもう一度ひっくり返し、さらに約1分焼くと皮がパリッと仕上がる。

魚焼きグリルで焼くときは、表面に薄くサラダ油を塗ると水分が抜けづらい
*春から夏に獲れる鮭は脂が多いので、塩の量は少し多めに!


秋ザケの目利き術

皮の色
脂がのった秋ザケの皮の色は「銀色」!
銀色でピカピカの鮭が◎!

身の色
鮮やかなオレンジ色が◎!

*サーモンのアラを売っている店で買うべし!
アラを売っているということは、お店が鮭を1尾丸ごと仕入れている可能性が高い → 新鮮!

サーモンの種類
ほぼ養殖:こってり。脂が多い。
アトランティックサーモン → 「刺身」がオススメ
サーモントラウト
ギンザケ(銀鮭)→ 「ムニエル・シチュー」がオススメ

天然:あっさり。脂控えめ。
シロザケ(秋鮭)→ 「ちゃんちゃん焼き・石狩鍋」がオススメ
ベニザケ(紅鮭)→ 「塩焼き・お茶漬け」がオススメ


「サーモン」レシピ

秋ザケは脂でグーンと美味しくなる!
ということで「秋ザケオイルレシピ」を教えてもらいました♪

秋鮭のアヒージョ

↓ 材料・作り方はこちら!

秋ザケの炊き込みごはん

↓ 材料・作り方はこちら!


「刺身用サーモン」のおすすめレシピ

サーモンのしゃぶしゃぶ

↓ 材料・作り方はこちら!

サーモンの漬け丼

↓ 材料・作り方はこちら!


サーモンの健康パワー

サーモンは「白身魚」!
身のオレンジ色の正体は『アスタキサンチン』!

「アスタキサンチン」には抗酸化作用があり、疲労軽減や肥満を抑える効果も。
また、紫外線から肌を守る効果もあるといわれている。


サケ缶アレンジレシピ

「アスタキサンチン」を効率よくとるには鮭缶がオススメ!

*特にアスタキサンチンの含有量が多い「紅鮭」の缶詰が◎!

簡単サケじゃが

↓ 材料・作り方はこちら!

サケ缶みそ汁

↓ 材料・作り方はこちら!


塩ザケのお手軽燻製

↓ 材料・作り方はこちら!

アレンジ「塩ザケ燻製のオイル漬け」

↓ 材料・作り方はこちら!

アレンジ「塩ザケ燻製のペペロンチーノ」

↓ 材料・作り方はこちら!

アレンジ「塩ザケ燻製のポテトサラダ」

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

『あさイチ』で紹介されたレシピはこちら↓


NHK「あさイチ」
月曜~金曜 8時15分~9時55分
出演:博多大吉,博多華丸,鈴木奈穂子,副島淳,駒村多恵 他
ゲスト:森泉

タイトルとURLをコピーしました