【青空レストラン】「花らっきょう」お取り寄せ&レシピまとめ

2021年7月10日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、福井県坂井市の「三年子花らっきょう」。花らっきょうを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

福井県坂井市「三年子花らっきょう」

今日の食材は福井県坂井市の三年子花らっきょう!足掛け3年かけて育てた抜群のシャキシャキ食感のラッキョウを使って、納豆かき揚げ・チャーハン・ホタルイカの炒め物、そしてタルタルソースに入れてチキン南蛮にかけて!様々な絶品レシピが続々登場!

スポンサーリンク

「三年子花らっきょう」とは

福井県三里浜さんりはまで栽培されているらっきょう。明治初期に自家用として栽培されたのが始まり。三里浜砂丘地の砂は比較的細かく、粘土も多いことから「らっきょう」の栽培に適した環境なんだそう。

その中でも「三年子さんねんご花らっきょう」は、植付から収穫まで足掛け3年かけて栽培したらっきょうのこと。通常のらっきょうは、植え付けから約1年で収穫され、種球1粒は6~9粒に増えますが、「三年子花らっきょう」はさらにもう1年土の中で過ごして花を付け、2回目の春にさらに分球し1株で40~60粒になるんだそう。この栽培方法は全国でも唯一なんだとか。

年月が経つにつれ粒は小さくなるため、「小粒」「繊維が細かい」「身が締まっている」「シャキシャキという歯切れの良さ」が花らっきょうの特徴。

ちなみに、2年目の秋11月頃に畑一面に赤紫の花を咲かせることから「花らっきょう」と呼ばれるようになったんだそうです。


紹介されたレシピ

らっきょうのカルパッチョ

↓ 材料・作り方はこちら!

ラッキョウと納豆のかき揚げ

↓ 材料・作り方はこちら!

ラッキョウとホタルイカのバタポン炒め

↓ 材料・作り方はこちら!

タルタルチキン南蛮

↓ 材料・作り方はこちら!

らっきょうチャーハン

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「花らっきょう」のお取り寄せ


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました