【得損】魚の女神 北山智映シェフが驚きのアジ料理を伝授!(2018/4/26)

シェアする

2018年4月26日放送の『得する人損する人』は“魚の女神” 北山智映シェフが、子どもでも簡単にできる「包丁」「グリル」「軽量カップ」を使わない驚きのアジ料理を伝授!。紹介された得ワザ(レシピ)はこちら!

スポンサーリンク



今回も“魚の女神” 北山智映シェフが得ワザを教えてくれます♪

とってもステキなキャラクターの智映さん。人気者ですよね♪

今回はお子さんでも簡単にできる「包丁」「グリル」「軽量カップ」を使わない驚きのアジ料理を伝授してくれます♪

おいしい魚の見分け方

●目がキレイな魚
澄んだ目で横から見てくぼんでいない魚

●お尻の大きい魚
肛門のまわりがふっくらしている魚(脂がのっている)


包丁いらず!たった5秒でOK!超カンタン魚の下処理

一般的な下処理は包丁でお腹を切り内臓を取り出す。コレが手間がかかり後片付けも面倒!

ということで、包丁も使わない簡単下処理の裏ワザとは?

1.新聞紙を敷いてその上で処理する(ゴミ捨てが簡単)
2.エラに指を入れ、付け根を切り離し、お腹の中まで指を突っ込んで引っ張る(かき取る)だけ!
3.流水で血合いをこすって落としたら完成!
4.ゴミは新聞紙にまるめてまとめて捨てればOK。

ポイント
エラと内臓がくっついているため一緒に取れる

包丁・グリル・軽量カップを使わない『アジの焼き漬け』

【材料】

アジ
しょう油

【作り方】

1.フライパンにクッキングシートを敷く(油は引かない)

ポイント
クッキングシートは商品によってフライパンで使用できないものもあるので注意!

2.下処理したアジをそのまま置いて焼く(片面7分、もう片面も7分)

3.しょう油とお酢を混ぜる(1:1の同割

4.タレに漬ける(片面3分、もう片面も3分漬ける)

スポンサーリンク

5.タレを切ってラップをし、冷蔵庫で10分寝かす

▼「スターシェフのプロ技ランキング」に選ばれました♪
保存版「スターシェフのプロ技ランキング」(2018/6/28)

熱々で漬けるだけ!『アジの南蛮漬け』

【材料】

アジ
小麦粉

みりん
玉ねぎ、ピーマン、ニンジンなど

【作り方】

1.下処理したアジを小麦粉の入った袋に入れる

2.袋をふり、アジに小麦粉を付ける

ポイント
袋に空気を入れて振ると粉が良く付く

3.油で揚げる(約10分)

ポイント
泡が細かくなると揚がったサイン。持ち上げて軽ければ揚がった状態。

4.酢・みりんを1:1で合わせる

ポイント
酢から先に入れ、みりんを足して酢の香りが鼻にツンと抜けないぐらいならOK

5.アジが揚がったら、アツアツのうちに④のタレに漬け込む

ポイント
熱々のうちにタレに漬ける。冷えていく時に味が染み込む。

6.千切りにした玉ねぎ・ピーマン、ニンジンを漬ける

7.冷蔵庫に入れ、一晩漬け込む

※冷やさずに食べてもOK♪


▼ 北山智映シェフのお店はこちら!
割烹智映(ちえい)
住所:東京都中央区銀座7-7-19 ニューセンタービル B1F
地図/アクセスマップ
電話番号:03-3573-7022
ぐるなび
スポンサーリンク


あのニュースで得する人損する人
木曜 19時00分~19時56分
後藤輝基 羽鳥慎一 佐藤仁美 滝沢カレン 中村仁美 水田信二(和牛) 吉村崇(平成ノブシコブシ) 入江瑛起シェフ 北山智映シェフ 完熟フレッシュ 久野静香(日本テレビアナウンサー) 鈴木好次シェフ 田中道子 塚地武雅 松橋周太呂(家事えもん) 渡部建 他