【青空レストラン】兵庫・淡路島「金猪豚(淡路いのぶた)」レシピまとめ&お取り寄せ

2020年12月26日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、兵庫県淡路島の「金猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク/淡路いのぶた)」。イノブタを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

兵庫・淡路島「金猪豚(淡路いのぶた)」

今日の食材は兵庫県淡路島の金猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク/淡路いのぶた)!イノシシ由来の上質な脂と、黒豚の柔らかな肉質のイイトコどりの淡路島の極上「イノブタ」。とろける角煮、うまみ溢れるステーキ、淡路島のタマネギといただく最強ハンバーグ、、、極上レシピが続々登場!

スポンサーリンク

「金猪豚」とは

猪と豚との交配により生まれる「いのぶた」はいのししの脂のおいしさと黒豚の赤身のおいしさがある良いとこどり。今回紹介された『金猪豚』は、淡路島産いのしし・黒豚・デュロック種・ゴールデン神出の4つを交配した“ハイブリット豚”(四元豚)です。

猪:脂の旨さが特徴。強靭な足腰で走り回るため、野性味のある風味と固い肉質で敬遠されがち。
黒豚:肉質が良く旨みが濃い
デュロック:柔らかな肉質が特徴
ゴールデン神出:猪の血が濃い兵庫県神出町生まれイノブタ

青空レストラン 兵庫 淡路島 イノブタ 金猪豚 ステーキ
(出典:https://www.instagram.com/aozora_official/)

兵庫県淡路島で食肉販売の卸や小売り業を営んでいる「嶋本食品」では、美味しいお肉に育てるため、飼料にもこだわっています。生後6か月以降は抗生物質を与えず、非遺伝子組換えトウモロコシ・大豆、さらには淡路島産の飼料米と京都産の酒粕・淡路島産ビール粕・エコフィールドのパン粉をブレンドして与えています。

そうして育てた「金猪豚」の肉は、豚肉よりキメが細かく、コクと風味があり、まるで牛肉のような舌触りと甘味を感じることができます。特に脂身のやわらかさは驚くほど。甘くてあっさりしているのが特徴です。融点が低く、不飽和脂肪酸のオレイン酸も多く含まれています。

「ロースステーキ」としてはもちろん、しゃぶしゃぶやハンバーグとしても美味しくいただけます♪


紹介されたレシピ

ネギ塩角煮

↓ 材料・作り方はこちら!

イノブタ汁

↓ 材料・作り方はこちら!

ハンバーグ

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「金猪豚」のお取り寄せ


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました