【青空レストラン】岩手「赤皿貝」レシピ&燻製オイル漬け「山田のあかちゃん」お取り寄せ

2020年9月26日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、岩手県下閉伊郡山田町の「赤皿貝」。三陸の新名物「赤皿貝」!中華炒め・フライ・海鮮焼きそばなどアイデアレシピが続々登場!そしてアカザラ貝燻製オリーブオイル漬け「山田のあかちゃん」お取り寄せも!詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

三陸の新名物「赤皿貝」

今日の食材は岩手県下閉伊郡山田町の赤皿貝!プリプリ肉厚で貝好きの人に今最もオススメしたい三陸に新名物♪ 採れたての刺身は肝やエラまで最高の美味しさ!今日はそんな「赤皿貝」を使って、中華炒め、フライ、海鮮焼きそばに!そして、岩手県水産加工品コンクール県知事賞を受賞した燻製オイル漬けのお取り寄せも絶品!!

スポンサーリンク

「赤皿貝」とは

岩手県山田町はリアス式海岸で有名な三陸海岸のほぼ中央に位置。船越半島と重茂半島に抱かれるようにある「山田湾」は湾の入り口が狭くて波が穏やかなため、牡蠣・ウニ・ホタテなどの海の幸が豊富。中でも古くから地元漁師に愛されてきたのが「赤皿貝(アカザラガイ)」。

青空レストラン 岩手県 下閉伊郡山田町 アカザラガイ 赤皿貝
(出典:https://www.instagram.com/aozora_official/)

ほかの貝に比べると鮮度が落ちやすく、傷みやすいためこれまであまり流通してきませんでした。近年では各漁業者によってアカザラ貝の生産作業が丁寧に行われ、流通量が増えているんだそう。

見た目はホタテに似ていますが、その風味は全く違い、貝の耳の部分はシャキシャキ!身は分厚くプリプリで濃厚な味わいなのが特徴。焼いても、煮ても、蒸してもおいしくいただけます。

さらに今回は岩手県水産加工品コンクール県知事賞を受賞した、アカザラ貝を燻製にしてオイル漬けにした「山田のあかちゃん」をお取り寄せ!


紹介されたレシピ

赤皿貝の中華炒め

↓ 材料・作り方はこちら!

赤皿貝のフライ

↓ 材料・作り方はこちら!

赤皿貝のお吸い物

↓ 材料・作り方はこちら!

赤皿貝のオイル漬けで作る「海鮮塩焼きそば」

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「赤皿貝の燻製オリーブオイル漬け」お取り寄せ

アカザラ貝を燻製にした「山田のあかちゃん」。可愛いネーミングとは裏腹に味もパンチも強烈!

「山田のあかちゃん」の素材は、すべて岩手県山田町産のアカザラ貝を使用。天然アカザラ貝のむき身だけを選び、当社独自の製法で加工しています。味付けには八木沢商店の無添加醤油「丸むらさき」とオレイン酸を多く含むオリーブオイルだけを使用。保存料等は一切使用していません。

一緒にオススメなのが「山田の牡蠣くん」。大粒の牡蠣のむき身だけを選び、牡蠣を傷つけないよう、ボイル・燻製・瓶詰など一粒一粒丁寧に手作業で作っています。


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました