【青空レストラン】「赤皿貝の中華炒め」の作り方

2020年9月26日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは「赤皿貝」。こちらのページではその中で紹介された『赤皿貝の中華炒め』についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

三陸の新名物「赤皿貝」

今日の食材は岩手県下閉伊郡山田町の赤皿貝!(≫ 赤皿貝とは?

プリプリ肉厚で貝好きの人に今最もオススメしたい三陸に新名物♪ 今日はそんな「赤皿貝」を使ったレシピを紹介!

スポンサーリンク

赤皿貝の中華炒め

青空レストラン 岩手県 下閉伊郡山田町 アカザラガイ 赤皿貝
(出典:http://www.ntv.co.jp/aozora/)

材料

(4人分)

  1. 赤皿貝 16個(150g)
  2. チンゲン菜 2株
  3. パプリカ(赤) 1/2個
  4. パプリカ(黄) 1/2個
  5. ゴマ油 大さじ1
  6. 鶏がらスープの素 小さじ1/2
  7. 水 50cc
  8. オイスターソース 大さじ1/2
  9. 水溶き片栗粉 片栗粉 小さじ1+水 小さじ1
  10. 塩 少々
  11. こしょう 少々

作り方

  1. チンゲン菜は4~5cm幅に切る。パプリカは縦4等分にし、さらに半分に切る。
  2. フライパンにゴマ油をひき、チンゲン菜の白い部分を先に炒める。
  3. パプリカ・赤皿貝を入れ、さらに炒める。
  4. チンゲン菜の葉も入れて炒め、塩コショウをふる。
  5. 鶏がらスープの素・水を入れる。
  6. オイスターソースで味付けする。
  7. 水溶き片栗粉でとろみをつけて完成!
スポンサーリンク

「赤皿貝の燻製オリーブオイル漬け」お取り寄せ

アカザラ貝を燻製にした「山田のあかちゃん」。可愛いネーミングとは裏腹に味もパンチも強烈!

「山田のあかちゃん」の素材は、すべて岩手県山田町産のアカザラ貝を使用。天然アカザラ貝のむき身だけを選び、当社独自の製法で加工しています。味付けには八木沢商店の無添加醤油「丸むらさき」とオレイン酸を多く含むオリーブオイルだけを使用。保存料等は一切使用していません。

一緒にオススメなのが「山田の牡蠣くん」。大粒の牡蠣のむき身だけを選び、牡蠣を傷つけないよう、ボイル・燻製・瓶詰など一粒一粒丁寧に手作業で作っています。


その他紹介されたメニュー

「赤皿貝」を使ったレシピはこちら!

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました