【名医のTHE太鼓判】バナナで若返る!血圧&尿酸値が改善!

2019年6月17日放送の『名医のTHE太鼓判』は、日本人の果物消費量No.1「バナナ」を特集!バナナで高血圧&尿酸値が改善!?バナナの皮に栄養が!?知られざるバナナの健康効果を探ります。紹介された情報はこちら!



スポンサーリンク

バナナで若返る!血圧&尿酸値が改善!

医師が注目する健康食材を全国を巡って大検証!今回は果物!バナナの健康効果を調べます!

教えてくれるのは、バナナを研究して50年!実践女子大学の 田島眞名誉教授。

バナナは日本人が一番食べている果物。なんと1人当たり1年間で平均6キロ(約30本)のバナナを購入。14年連続果物消費量のNo.1なんです。

実は、バナナには夏に起きやすい突然死を予防する効果があるんだとか。そこで、1週間のバナナ生活に挑戦!改善するのか調査しました!

名医のTHE太鼓判 バナナ 尿酸値 血圧 健康効果

バナナの健康効果

血管が若返る!

季節ごとの「脳梗塞」発症件数を見てみると、冬に多いイメージの脳梗塞、実は夏が一番多いんだそう。

そこには気温の変化が大きく関係しています。

気温30℃→脳梗塞の死亡率が上昇
気温32℃以上→死亡率が1.66倍に上がる

気温が上がると体温が上昇します。体温が上がると大量に発汗。汗をかくと体の中の水分が低下。そうすると血液の粘度が高まってドロドロに。血栓によって脳梗塞のリスクが上がるんですね…。

バナナには「カリウム」が豊富。このカリウムが、固まりやすくなった血液をサラサラにしてくれるんです。また、カリウムは体の中の余分な塩分を外に出してくれるため、血管をやわらかくし、血管年齢を若くしてくれるんです。

1週間「1日2本」のバナナ生活で実験したところ、たった1週間でも効果が!

男性(59歳)
血圧 172 → 132

女性(59歳)
血管年齢 59 → 42

女性(54世)
血圧 190 → 164
血管年齢 67 → 61

*腎臓に問題のある人はかかりつけ医師などと相談してください。

「尿酸値」も改善!

バナナには尿酸値を改善する効果も!

尿酸値が高くなると痛風になる可能性が。暴飲暴食などが原因で激痛が起こる痛風。患者数は100万人以上。予備軍は1000万人と言われています。

尿酸値の数値が基準値(3.8~7)より高い、かまいたちの2人が1週間のバナナ生活に挑戦!

ルールは簡単。食生活は変えずに、朝昼夜のどこかで2本のバナナを食べるだけ。

濱家:尿酸値 10.2 → 8.3
山内:尿酸値 7.9 → 7.6

尿酸値は簡単に下がるものではないそうですが、濱家さんのように下がるのは薬を飲んだレベルなんだそう。先生も驚いていらっしゃいました。痛風予備軍の方はぜひお試しあれ!


バナナの最もおいしい部分は?

健康にいい「バナナ」。どうせ食べるなら美味しく食べたいですよね!
さて、バナナはどこが一番甘いんでしょう?

A:柄に近い部分
B:真ん中
C:柄から遠い部分
→ 正解:柄から遠い部分

それぞれの糖度を調べてみると…

柄に近い部分:17.8
真ん中:20.3
柄から遠い部分:22.1

なんとメロンを超える甘さ!

バナナは柄から遠い部分に花を咲かせます。下向きに生えますが、光合成しようと上向きに反り返ります。そして、光合成によって糖分を作り出すため、柄から遠い部分に糖分が溜まり、甘くなるんですね。


バナナの皮に栄養が!

日本に流通している国産バナナの割合は0.01%。

ほんの少ししか流通していませんが、一般的なバナナと比べると皮が薄いのが特徴。そして、無農薬で作られているから皮ごと食べられるのがポイント。

このバナナの皮には抗酸化作用や抗炎症作用のあるポリフェノールが多く含まれています。そのため、皮ごと食べるのがオススメ。

●バナナの皮に含まれる栄養素
ポリフェノール、カリウム、食物繊維、オリゴ糖、トリプトファン

日本に流通しているのはほとんどが海外産。海外のバナナは輸送に時間がかかってしまいます。そのため、樹液を全て吸収する前に収穫するため、皮が厚くなるんだとか。一方、国産のバナナは出荷ぎりぎりまで樹液を吸い続けるため、実が大きくなり皮が薄くなるんです。

最近はスーパーでも売っていることがあるそうですが、楽天市場やAmazonなどインターネットでも購入できます!


黒い斑点があるバナナは栄養満点!

バナナの皮の黒い斑点は「シュガースポット」。シュガースポットの正体はポリフェノール

なんと、シュガースポットが出たバナナはポリフェノールが2倍にUPしているんだそう。

黒い斑点が出たバナナは甘いだけでなく、突然死を予防する効果もあるんですね♪


バナナの保存方法

この時期、シュガースポットの出たバナナは2~3日で傷んでしまいます。

でも、ポリフェノールが2倍になったバナナを最高の状態でキープする方法があるんです!

それは「冷凍バナナ」!

バナナは熟しすぎて傷むとポリフェノールの量が低下してしまいます。それは収穫してからもバナナが呼吸をしているから。その呼吸を冷凍して止めることで傷みを防ぐことができるんです!

作り方は簡単!食べやすい大きさに切って冷凍するだけ。こうすることで、ポリフェノールが倍増したバナナを約1ヶ月保存することができるんです♪

▼ こちらでも紹介されました♪

【ジョブチューン】で紹介!バナナで「老化を防止する」?!最高の食べ方とは?
2018年12月8日放送の『ジョブチューン』は毎日の食事をより美味しく、より健康的なものにする「最高の方法」を伝授!こちらのページでは、その中で紹介されたバナナで「老化を防止する」最高の食べ方についてまとめました。くわしい情報はこちら! ...

バナナには健康的なイメージを持ってはいましたが、血圧や血管年齢、尿酸値を改善するとは思っていませんでした。皮をむくだけで、包丁も使わずに手軽に食べられるので、さらに嬉しいですよね。国産バナナも一度挑戦してみたいです♪ まずは普通のバナナを買いに行こう!



TBSテレビ「名医のTHE太鼓判」
月曜 19時00分~20時00分
出演:アンジャッシュ(渡部建・児嶋一哉)、山瀬まみ、FUJIWARA(原西孝幸・藤本敏史)
ゲスト:井上咲楽 かまいたち 高橋真麻 久本雅美
医師:大竹真一郎 大谷義夫 桑原靖 丸田佳奈 森田豊

タイトルとURLをコピーしました