【ちちんぷいぷい】ゴーヤと鶏肉の煮浸し(2018/8/7)

シェアする

2018年8月7日の『ちちんぷいぷい』「キッチンぷいぷい」のコーナーで紹介されたレシピは『ゴーヤと鶏肉の煮浸し』。詳しい作り方はこちら!今夜の夕食の献立の参考にどうぞ♪

スポンサーリンク



今週のテーマは「夏バテ解消!ゴーヤ料理」。

ゴーヤと鶏肉の煮浸し

担当:中辻 利宏先生(堺東にんにん

ゴーヤは夏バテ解消にピッタリ!
苦味の成分「モモルデシン」が胃腸の状態を整え、食欲を増進する効果があります。さらにビタミンはレモンの3倍!トマトの5倍!

レシピ ちちんぷいぷい キッチンぷいぷい 8月6日 ゴーヤ
(出典:ちちんぷいぷいHP

材料

(2人分)
ゴーヤー 1/2本分(100g)
鶏むね肉 180g
かぼちゃ 60g
赤パプリカ 1/4個分(30g)
キャベツ 50g
コーン缶 30g
塩(野菜にもみ込む用)小さじ1
塩(鶏肉の下味用)適量
塩 適量
わさび 適量

[A]
水 400cc
和風だしの素 小さじ2/3
しょうゆ 40cc
みりん 40cc


作り方

[下ごしらえ]
ゴーヤ:縦半分に切ってワタを取り、8mm幅にスライス
鶏むね肉:ひと口サイズにそぎ切りにする
かぼちゃ:1cm厚さにスライス
赤パプリカ:5cmの長さに細切り
キャベツ:一口サイズにザク切り


1.鍋に[A]とかぼちゃを入れて火にかける。

2.鶏肉に塩(適量)を振って下味を付け、片栗粉をまぶす(余分な粉は落とす)。

スポンサーリンク

3.(1)が沸いたら(2)の鶏肉を入れる。

4.再び沸いたら弱火にして2分ほど煮る。

5.ボウルにゴーヤー・赤パプリカ・キャベツを入れ、塩(小さじ1)を振って水分が出てしんなりするまでもみ込む。

6.水洗いし、キッチンペーパーで水分をよく絞る。

7.ボウルに移してコーン缶を混ぜ合わせる。

8.(3)の鶏肉に火が通ったら粗熱を取る。

9.(7)を入れて冷蔵庫で冷やす。

10.器へ盛り付け、わさびを添える。


▼ 次回のレシピはこちら

2018年8月8日の『ちちんぷいぷい』「キッチンぷいぷい」のコーナーで紹介されたレシピは『ゴーヤーとなすの麻婆炒め』。詳しい作り方はこちら!...

▼ 前回の「キッチンぷいぷい」で紹介されたレシピ

2018年8月6日の『ちちんぷいぷい』「キッチンぷいぷい」のコーナーで紹介されたレシピは『ゴーヤーとタコのチーズ炒め』。詳しい作り方はこちら...

今日レシピを教えてくれた先生のお店はこちら。

【店舗情報】
堺東にんにん
住所:大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-4
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:072-227-0556
≫≫ ホットペッパーグルメ(ネット予約可)
予約はこちら
スポンサーリンク


MBS毎日放送「ちちんぷいぷい
月~金曜 13:55~17:50