【林修の今でしょ講座】生産者が教える「美味しいキャベツの食べ方」レシピまとめ

2022年3月8日放送の『林修の今でしょ!講座』は生産者が教える!美味しい「キャベツ」の食べ方!紹介されたレシピや情報をまとめました!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

生産者が教える美味しい「キャベツ」の食べ方

生産者が教える!今必要な栄養を無駄なく摂る、最高に美味い野菜の食べ方を学ぶSP!

野菜を知り尽くす生産者さんが教える“最高に美味しい食べ方”は、医学的にも理に適っていた!血管強化・免疫力アップ・脂肪燃焼・胃腸改善・血糖値下げる…今必要な野菜の正しい調理法・保存法・選び方が続々登場!

こちらのページではキャベツの情報についてまとめました♪ 生産者は知っていた!「キャベツ」の芯は、葉よりも甘い最も食べるべき部位!?


キャベツは胃腸の粘膜の保護や再生を促進させるビタミンUや食物繊維が豊富。中でも、疲労回復・肌トラブル対策に効果が期待できるビタミンCの量が野菜の中でトップクラス!弱った胃腸・疲労回復・肌トラブルに、今こそ食べておきたい野菜です♪

ビタミンUが多い「キャベツ」の選び方

弱った胃腸を元気に!ビタミンUが多いキャベツの選び方!

新鮮で栄養豊富なキャベツは中が黄色いものを選ぶ
断面は黄色いものを選ぶ!
なるべく黄色い方が切り立てで新鮮。

芯が500円玉で隠れるくらいの大きさのものを選ぶ
キャベツの芯は旨味成分を吸収して大きくなる。芯はあまり大きくないものを選ぶ。
(品種にもよるが、芯が小さすぎると成長しきれていないため、栄養もおいしさも減)

赤みがかっているものを選ぶ


ビタミンCを減らさない保存法

キャベツを保存するときは芯を切り取る
[丸ごと保存する場合]包丁で芯をくり抜き、湿らせたキッチンペーパーを詰める ⇒ ポリ袋に入れ、芯を下にして冷暗所に保存
[カットしたキャベツの場合]芯を切り落とす ⇒ 湿らせたキッチンペーパーで全体をくるむ ⇒ ポリ袋に入れ、芯を下にして冷暗所に保存

芯を残したままにしておくと冷蔵庫の中でも成長し続けてしまう。
栄養が集まる芯を切ることで、葉の栄養を保つ(おいしく保てる)。芯を傷つけるだけでもOK。


ビタミンCが一番集まるところ

疲労回復に期待ができる!ビタミンCが集まるのは?

芯は美味しくてビタミンCが多い
キャベツの栄養が集まり、最も美味しいところは「芯」!


栄養満点「キャベツ」の農家一番メシ

キャベツの素焼き

↓ 材料・作り方はこちら!

丸ごとロールキャベツ

↓ 材料・作り方はこちら!

ヘルシーラーメンキャベツ

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

参考



テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」
火曜 19時00分~19時54分
出演:林修、斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー) 、バカリズム、朝日奈央、伊沢拓司、中丸雄一(KAT-TUN)、八木亜希子
講師:藤田智(恵泉女学園大学社会園芸学科教授)

タイトルとURLをコピーしました