【ヒルナンデス】料理の超キホン検定「冷やし中華」の作り方

2019年7月22日放送の『ヒルナンデス!』は料理の超キホン検定。こちらのページではその中で紹介された冷やし中華についてまとめました。美味しい薄焼き卵を作るポイントから、極上のタレの作り方まで!材料など詳しいレシピはこちら!



スポンサーリンク

料理の超キホン検定

今回の「料理のキホン検定」は浅香唯さんとジャガー横田さんが挑戦!

教えてくれるのは「チャイニーズダイニング ミユ」の五十嵐美幸シェフ

冷やし中華

家庭で簡単に作れる「冷やし中華」!
美味しい薄焼き卵を作るポイントから、極上のタレの作り方まで!

材料

(2人分)
中華麺 2玉
溶き卵 1個

茹でエビ 2尾
かにかま 2本
きゅうり 1/4本
トマト 1/4個
ハム 2枚
水菜 適量

サラダ油 少々

[タレ]
付属のタレ 2袋
おろししょうが 大さじ1
ジンジャーエール 80ml

*ジンジャーエールを入れるとタレが極上に!

作り方

下ごしらえ
かにかま:ほぐす
きゅうり:細切り
トマト:細かく切る
ハム:細切り
水菜:食べやすい大きさに切る


1.フライパンに油を薄く引き、温める。

2.温めたフライパンを濡れ布巾に置き、溶き卵を流し入れ、弱火で30秒ほど焼く。

*熱したフライパンは場所によって火力が違うため、何もせずに卵を入れてしまうと温度差で卵がボコボコになる。濡れ布巾にフライパンを置いて余計な熱を逃がし、温度を均一にするとキレイな薄焼き卵に♪

3.取り出して折りたたみ、細長く切る。

4.麺を表示の時間通りに茹で、湯を切って冷水で洗う。

5.[タレ]の材料を合わせる。

6.麺の上に具材を盛り付け、タレをかけたら完成!


まとめ・感想

夏に食べたくなる「冷やし中華」。夏休みのお昼ごはんにもピッタリですよね♪

麺とタレがセットになったものがスーパーでも売っていますが、その市販のタレにジンジャエールとおろししょうがを足すだけでさらに美味しいタレになるとは驚き!ジンジャーエールにはショウガの風味と甘みがあるのでちょうどいいんだそう。味の想像がつきませんが、一度試してみる価値はありそうですね!

そしてキレイな薄焼き卵の作り方。ついつい手を抜いてフライパンの温度を一定にするひと手間を怠ってしまいますが、ちゃんとするとあんなにキレイな薄焼き卵が作れるんですね。やっぱり味もかなり違うんでしょうか。今度やってみます!


レシピを教えてくれた先生のお店

今回レシピを教えてくれた五十嵐美幸シェフのお店はこちら♪

▼ 五十嵐美幸シェフのお店はこちら!
[店舗情報]
チャイニーズダイニング ミユ 銀座(Chinese Dining 美虎)
住所:東京都中央区銀座5-7-10 イグジットメルサ 7F
地図/アクセスマップ
電話番号:03-6280-6697
ぐるなび


日本テレビ「ヒルナンデス!
毎週月~金 11時55分~13時55分
出演:南原清隆、梅澤廉・滝菜月(日本テレビアナウンサー)、遠藤章造、黒沢かずこ・村上知子・大島美幸(森三中)、藤田ニコル、小峠英二、ラウール・渡辺翔太(Snow Man) 関口メンディー、眞鍋かをり、しずちゃん(南海キャンディーズ)、浅香唯・陽舞莉、ジャガー横田・大維志、坪倉由幸、五十嵐美幸

タイトルとURLをコピーしました