【男子ごはん】「エビフライ」の作り方/昭和の洋食屋さんレシピ

2021年10月10日放送の『男子ごはん』、テーマは「昭和の洋食屋さんメニュー第8弾」。こちらのページではその中で紹介された「エビフライ」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

「昭和の洋食屋さん」第8弾

今日のテーマは昭和の洋食屋さん!今も記憶に残る!懐かしの味がある!期待を裏切らない味を忠実に再現!

スポンサーリンク

エビフライ

男子ごはん 昭和の洋食屋さん 第8弾 エビフライ定食
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(2人分)

    エビフライ

  1. エビ(特大)6尾
  2. 塩 小さじ1/4
  3. 黒こしょう 適量
  4. 薄力粉 大さじ4~5
  5. 卵 1個
  6. 水 大さじ2
  7. パン粉(細かめ)適量
  8. 生パン粉 適量
  9. 揚げ油 適量
  10. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    タルタルソース

  11. ゆで卵 2個
  12. 玉ねぎ 1/2個(100g)
  13. ピクルス 小4本 or 中1本
  14. マヨネーズ 大さじ4
  15. フレンチマスタード 小さじ2
  16. 白ワインビネガー 大さじ1/2
  17. 塩 小さじ1/3
  18. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    [付け合わせ]

  19. キャベツ(千切り)
  20. レモン
  21. トマト

作り方

  1. タルタルソース作り。
    玉ねぎ(1/2個)はみじん切りにして水に15分ほどさらし、水気をしっかり切る。
    ピクルス(小4本 or 中1本)はみじん切りにする。
    ボウルに玉ねぎ・ピクルス・ゆで卵(2個)を入れ、ゆで卵をフォークで潰す。
    マヨネーズ(大さじ4)フレンチマスタード(小さじ2)白ワインビネガー(大さじ1/2)塩(小さじ1/3)を加え、よく混ぜ合わせたら「タルタルソース」の完成。
  2. エビの下処理
    エビ(6尾)は尾を残して殻をむき、竹串を使って背ワタを取り除く。
    水でよく洗い、水気を拭く。
    背と腹に細かく切込みを入れ、ブチブチと反らせながら真っすぐにする。
    塩(小さじ1/4)黒こしょう(適量)を振る。
  3. バットに薄力粉(大さじ4~5)卵(1個)水(大さじ2)をよく混ぜる。
  4. [普通のサイズのエビフライを作る場合]
    エビに(3)をからめる → 生パン粉をしっかりまぶす。
    [大きいサイズのエビフライを作る場合]
    エビに(3)をからめる → 細かめのパン粉をまぶす → 再度(3)をからめる → さらに生パン粉をしっかりまぶす。
  5. 揚げ油を170℃に熱して(4)のエビを入れ、たまに返しながらきつね色になるまで揚げる(中火)。
  6. 器にエビフライ・キャベツ・レモン・トマトを盛り、タルタルソースを添えたら完成!
スポンサーリンク

同じ日に紹介された他のレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

『男子ごはん』その他の記事はこちら↓


テレビ東京「男子ごはん」
日曜 11時25分~11時55分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました