【男子ごはん】BBQレシピ「カブのホイル焼き」の作り方

2020年5月10日放送の『男子ごはん』、テーマは「BBQ料理をおうちで楽しもう」。こちらのページではその中で紹介された「カブのホイル焼き」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

BBQ料理をおうちで楽しもう

今日のテーマは「BBQ料理をおうちで楽しもう」!家にいながらバーベキュー気分を味わえるレシピを紹介!簡単!なのに美味しい「男前」BBQ料理とは!?

教えてくれるのはアウトドア料理のスペシャリスト!男前BBQ料理の達人・A-sukeさん。

カブのホイル焼き

まるごとカブを包み焼き!簡単バーニャカウダソースで♪

男子ごはん レシピ 作り方 国分太一 栗原心平 バーベキュー
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(2人分)

  1. カブ 4個
  2. 塩 適量
  3. 黒こしょう 適量
  4. オリーブオイル 適量

【バーニャカウダソース】

  1. アンチョビ 6枚
  2. オリーブオイル 大さじ1
  3. にんにく 2片
  4. マヨネーズ 大さじ3~4

作り方

  1. カブは茎を2cmほど残して葉・根を切る。
  2. アルミホイルに包んで炭火に入れる。
  3. 適度に回転させながら5~10分ほど焼く。
  4. オーブンの場合は200℃で20~30分加熱する
  5. 竹串を刺して火の通りを確認する。

【バーニャカウダソース】

  1. フライパンにアンチョビを入れる。
  2. 粗みじん切りにしたニンニクを加える。
  3. オリーブオイルを入れて火にかける。
  4. アンチョビをつついて脂をだしながら、にんにくが焦げない程度に火を通す。
  5. アンチョビが溶けたら火を止め、粗熱を取る。
  6. 粗熱を取ることでマヨネーズと分離することを防ぐ
  7. 器にマヨネーズを入れ、粗熱を取ったアンチョビとニンニクを加え、全体を混ぜ合わせる。
生クリームの代わりにマヨネーズを使うことで、バーニャカウダソースを手軽に作ることができる!
スポンサーリンク

まとめ・感想

今日のテーマはバーベキュー料理。紹介した「カブのホイル焼き」はシンプルなレシピですが、バーニャカウダソースがいいですね!アンチョビは何かと便利なので常備しているんですが、賞味期限が気になる生クリームはありません。なので、マヨネーズで代用できるのはとっても助かる!早速作って試してみたいと思います♪


同じ日に紹介された他のレシピ

これまで紹介されたBBQレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

第12弾「男子ごはん」の本が発売!

書籍名 : 男子ごはんの本 その12
料金 : 1,980円(税込)
発売日 : 2020年4月20日(月)

掲載レシピ数100以上!
2019年2月24日放送分から約1年分のバラエティー豊かな四季のレシピを「メイン」「付合せ」ともに、余すところなく完全収録!
過去11作同様、料理写真はすべて国分太一が撮影!

● 行楽シーズンにおすすめ。食べ応え抜群の“スイートチリチキンカツバーガー&テリヤキ月見バーガー”
● 中華料理定番の組み合わせを和風にアレンジ。“桜エビと塩昆布の和風チャーハン&枝豆と高菜の餃子”
● ちょっとしたコツでキャンプごはんがワンランク上の味に! 季節の“BBQ料理”
● タイ本場の味を家庭で再現。程良い辛さがクセになる、本格“ガパオライス&トムカーガイ”
● 鍋料理の新提案。ゆずをたっぷり使って香り高く仕上げる“鶏のゆずしょうがみぞれ鍋”
● 四季折々の食材をたっぷり使った、やさしい味わいの主菜・副菜・汁物“季節の和定食”
● 番組600回突破を記念して、スペインロケを敢行! 現地での思い出フォトを紹介
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。


テレビ大阪「男子ごはん」
日曜 11時30分~12時00分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました