【男子ごはん】岐阜県ご当地ごはん「漬物ステーキ」の作り方!

2018年11月11日放送の『男子ごはん』、テーマは「岐阜県のご当地ごはん」。こちらのページでは飛騨高山地方のローカルフード!漬物と卵を炒めた「漬物ステーキ」の材料・作り方を紹介!

スポンサーリンク

岐阜県のご当地ごはん

「47都道府県ご当地ごはんシリーズ」第5弾は『岐阜県』!岐阜県の郷土料理をアレンジします♪



漬物ステーキ

飛騨高山地方のローカルフード、漬物と卵を炒めた「漬物ステーキ」

今日は「漬物ステーキ」をピリ辛にアレンジ!ごはんやお酒のおつまみにもピッタリ!簡単にできるメニューです♪

漬物ステーキ
岐阜県飛騨地方で古くから家庭の味として定着している郷土料理。冬の寒さで凍ってしまった漬物を溶かすため、朴葉にのせて囲炉裏で焼いた調理法

男子ごはん レシピ 作り方 国分太一 栗原心平 11月11日 岐阜県 ご当地ごはん 漬物ステーキ
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(2人分)
白菜漬け 180g
しょうが 1片
豆板醤 小さじ1
卵 1個
かつお節(ソフトパック) 適量
ごま油 大さじ1/2


作り方

下ごしらえ
白菜漬け:2cm幅に刻む
しょうが:千切り
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.フライパン(小さめ)を熱し、ごま油を入れ、しょうがを中火で炒める。

2.香りが出てきたら白菜漬けを加えて炒める。

3.全体に油がまわったら、豆板醤を加えて炒める。

SHINPEI’S POINT
*豆板醤を加えて炒めることでピリ辛に仕上がり、おつまみにピッタリに!

4.溶き卵をフライパンの縁から回し入れる。

5.卵が少し固まってきたら、かつお節をかける。


その他紹介されたレシピ

【男子ごはん】岐阜県ご当地ごはん「とりトマ丼」の作り方!
2018年11月11日放送の『男子ごはん』、テーマは「岐阜県のご当地ごはん」。こちらのページでは中津川のご当地グルメ「とりトマ丼」の材料・作り方を紹介! 岐阜県のご当地ごはん 「47都道府県ご当地ごはんシリーズ」第5弾は『岐...

「男子ごはん」のレシピ本

第11弾「男子ごはん」の本が発売決定!

書籍名 : 男子ごはんの本 その11
料金 : 1,944円(税込)
発売日 : 2019年4月20日(土)

身近な食材&シンプルな手順で美味しく作れる充実のレシピ集!

掲載されているレシピの数はなんと100以上!2018年3月放送分から約1年分完全収録!

料理の写真はこれまで同様、すべて国分太一さんが撮影しています♪

●特別な日のごちそうに。素材の旨味が際立つ、彩り豊かで本格的な「“鶏と魚介のパエリア」
●たっぷりのねぎが主役の、新感覚の酸っぱい鍋。シメまで美味しい「鬼ねぎ黒酢鍋」
●昭和の洋食屋さんの定番メニューを家で再現。懐かしい味わいの「オムハヤシ」
●定番の組み合わせに一工夫。花椒や豆板醤、干しエビの風味が広がる「牛肉チャーハン&干しエビ餃子」
●四季折々の食材をたっぷり使った、やさしい味わいの主菜・副菜・汁物「季節の和定食」
●マカオの定番料理を味わうグルメ旅!現地で学んだ料理を生かした、持ち帰りレシピ2品
●ゲストが披露した絶品レシピの数々をすべて掲載!
●書籍限定スペシャル企画「男子ごはん的、朝活」
忙しい朝にサッと作れる丼ごはん、簡単フォー、ブランチにおすすめのホットサンド、コブサラダなど、書籍限定レシピとして掲載!
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。


テレビ大阪「男子ごはん
日曜 11時30分~12時00分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました