【男子ごはん】夏の本格的チキンカレー(2018/8/26)

シェアする

2018年8月26日放送の『男子ごはん』、テーマは「残暑厳しい今の時期にオススメ!夏に食べたいカレー特集!!」。こちらのページでは夏の本格的チキンカレーの材料・作り方を紹介!

スポンサーリンク



残暑厳しい今の時期にオススメ!夏に食べたいカレー特集!!

これまでのメニューから“夏に食べたいカレー”を大特集!

夏の本格的チキンカレー

(#474 2017/7/2放送)

5種類のスパイスを使った夏に食べたくなる本格的チキンカレー!

男子ごはん レシピ 作り方 国分太一 栗原心平 カレー 夏の本格的チキンカレー
(出典:番組HP

材料

(4人分)
鶏もも肉 2枚(600g)

玉ねぎ 2個(500g)
トマト 3個(350g)
しょうが 30g
にんにく 3片

ひよこ豆(缶詰) 100g

[A]
カレー粉 大さじ2
ガラムマサラ 小さじ2
ターメリック 小さじ1
チリペッパー 小さじ1
クミンパウダー 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1

バター 50g
塩 小さじ4

温かいごはん、なん 適量
[トッピング]ドライパセリ、チリペッパー 適量

ガラムマサラ:インド料理には欠かせないミックススパイス。ペッパー・クミン・シナモンなどがすでに混ざっている。
ターメリック:別名ウコン。ほろ苦い風味が特徴。黄色く色づける時に使われることが多い。
チリペッパー:乾燥した唐辛子を粉末にしたもの。辛さを調節するときに使われる。
クミンパウダー:カレーの香りの中心的存在。エスニック料理にも欠かせないスパイス。
コリアンダーパウダー:パクチーの種子を粉末にしたスパイス。甘くまろやかで柑橘類を思わせる香り。

作り方

1.玉ねぎ(2個)、トマト(3個)、しょうが(30g)は適当な大きさに切る。にんにく(3片)は4等分に切る。

2.(1)をミキサーにかけ、ペースト状にする。

トマトの皮も完全につぶすと気にならない

3.熱した鍋にバター(30g)を入れて溶かす。

4.ペースト状にした具材を鍋に加え、強火で10分ほど煮る。

炒めている時に汁がはねやすいため、フタを盾に使うなど気を付けて煮詰める

5.鶏もも肉(600g)は食べやすい大きさに切り、塩(小さじ1)を振り、よく揉みこむ。

6.別のフライパンを熱し、バター(20g)を入れて溶かす。

7.鶏肉を皮目を下にして入れ、強火で炒め、軽く焼き目が付いたらひっくり返す。

スポンサーリンク

8.[A]を加え、弱火で炒める。

鶏肉の脂と一緒にスパイスを炒めることで、スパイスの粉っぽさを飛ばすことができる。

9.ペースト状に炒めた(4)を鶏肉に加え、よく混ぜ合わせる。

10.ひよこ豆(100g)を加える。

11.塩(小さじ3)を加えて味を調えたら完成!


▼ その他紹介されたメニューはこちら

2018年8月26日放送の『男子ごはん』、テーマは「残暑厳しい今の時期にオススメ!夏に食べたいカレー特集!!」。こちらのページでは骨付き鶏モ...
2018年8月26日放送の『男子ごはん』、テーマは「残暑厳しい今の時期にオススメ!夏に食べたいカレー特集!!」。こちらのページでは夏野菜を使...

スポンサーリンク


テレビ大阪「男子ごはん
日曜 11時30分~12時00分
出演:国分太一 栗原心平