【青空レストラン】愛知・豊橋市「あいち鴨」レシピまとめ&お取り寄せ

2020年8月1日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、愛知県豊橋市のブランド鴨「あいち鴨」。脂はトロけるようなまろやかな口どけ&赤身はプリプリなあいち鴨もも肉の炭火焼・ネギダレ唐揚げ・鴨のニラレバ炒め・つみれ汁・すき焼きなど、絶品レシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

愛知・豊橋市「あいち鴨」

今日の食材は愛知県豊橋市のブランド鴨あいち鴨!脂はトロけるようなまろやかな口どけ&赤身はプリプリなあいち鴨。モモ肉の炭火焼きから絶品すき焼きまで、あいち鴨を使ったレシピが続々登場します!

スポンサーリンク

「あいち鴨」とは

あいち鴨」は愛知県豊橋市で“地元ならではの味を作りたい”と生まれた愛知県唯一のブランド鴨

愛知県豊橋市で80年以上にわたって鴨肉をはじめ牛・豚・鶏など様々なお肉を取り扱う鳥市精肉店が美味しさを追求して研究を重ね、「あいち鴨」が誕生しました。

青空レストラン 愛知 豊橋市 あいち鴨
(出典:http://tori1.jp/)

とにかく鴨にストレスを与えないよう、環境づくりにはこだわっています。屋外飼育に近い環境を目指して風通しを良くし、広さを十分に確保した鶏舎で平飼い。のびのびとストレスフリーな環境で飼育しています。

また、大麦やマイロなどが入った独自配合のものを使うなど、エサにもこだわりが。

あいち鴨の脂は人間の体温より低い約26℃で溶けるため、口の中に入れた時のまろやかな食感が特徴。また、食後、体内に蓄積されにくいためヘルシーです。

驚くほどに肉厚で、えぐみ・雑味がなく、うま味が濃くて上品な味わいの「あいち鴨」はその美味しさが話題になり、2017年には雑誌「料理王国100選」にて選出されました。2019年にはJALファーストクラス機内食にて採用されたり、ミシュラン星付きのお店で使われるなど、今後も注目の食材です。

生産者のこだわりから生産量も少なく、希少価値の高い鴨肉「あいち鴨」。食べてみたいですね♪


紹介されたレシピ

あいち鴨のネギダレ唐揚げ

↓ 材料・作り方はこちら!

あいち鴨のニラレバ炒め

↓ 材料・作り方はこちら!

あいち鴨のつみれ汁

↓ 材料・作り方はこちら!

あいち鴨のすき焼き

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「あいち鴨」のお取り寄せ


*次回は福井県で江戸時代から300年続く「壺之酢」!

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』その他の記事はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました