【ソレダメ】スパイスカレーで二日酔い&病気予防!家庭で作れるレシピも紹介!(2019/2/13)

2019年2月13日放送の『ソレダメ!あなたの常識は非常識!?』はスパイスカレーを特集!二日酔いや病気の予防まで!おいしいスパイスカレーには体にもうれしい効果が!お家で本格スパイスカレーを作れるレシピもご紹介!詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

「スパイスカレー」の新常識

近年、急激に増えるお店…それは「スパイスカレー」のお店!実は今、全国各地でスパイスカレーのお店が急増しているんです。タウンページ調べではその数は10年前に比べ、なんと4倍!さらに、本屋さんに行ってみても、スパイスカレーの文字が並んでいます。

今、美味しいだけでなく、体にいいと大ブームのスパイスカレー

スパイスの研究をする、大阪市立大学の中谷述二名誉教授によると、スパイスをたっぷり使ったスパイスカレーにはある健康効果が!

スパイスカレーの健康効果

老化防止

ターメリックには強い抗酸化成分があり、老化を防ぐ効果があると言われています。

人間のあらゆる病気を引き起こし、体を老化させる活性酸素
ターメリックには、そんな活性酸素を打ち消す抗酸化成分が豊富。

スパイスカレーにはそんなターメリックを多く使っているため、加齢を止めることができる!


認知用予防

ターメリックにはアルツハイマー型認知症の予防にも効果があると言われています。

実際に、アルツハイマー型認知症の発症率は、インド人はアメリカ人に比べて約4分の1というデータも!


風邪の予防

スパイスカレーに含まれるいくつかのスパイスには体温を高め、免疫力をアップさせる効果があります。

風邪を引く理由は、免疫力の低下。そんな免疫力は、体温が1℃上がると30%アップすると言われています。

スパイスカレーに含まれるカイエンペッパーやターメリックなどのスパイスには、疲労回復・発汗作用・新陳代謝を高める作用など、体を活性化させ、体温を上げる効果もあるんですね♪


二日酔い防止

「ターメリック」は和名で「ウコン」。すでによく知られていますが、肝機能をよくする作用があり、二日酔いの原因物質を抑える効果があるため、お酒を飲む前にスパイスカレーを食べると、二日酔いを抑えられるんだとか。


スパイスカレーと日本のカレーの違い

スパイスカレーと日本のカレーの決定的な違いが「とろみ」!
日本のカレーにはドロッとしたとろみがあるのに対し、スパイスカレーには汁気が多くサラサラしています。

スパイスカレー:水やミルクをベースにサラサラしている
日本のカレー:小麦粉を油でいためてとろみを出している

そもそも日本のカレーは、日本に伝わる過程でイギリス人が小麦粉を加えてアレンジされた欧風カレー。


名店が教えるスパイスカレーの作り方

スパイスカレーはお店でしか食べることができない…と思っていませんか?
しかし!スパイスカレーは家庭で簡単につくることができるんです!

今回は東京・銀座の名店「ナイルレストラン」で、自宅でできる本格的なスパイスカレーの作り方を教えてもらいます!
また、簡単にできるラッシーの作り方も教えてくれました♪



テレビ東京「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」
水曜 18時55分~21時00分
出演:若林正恭、春日俊彰(オードリー)、高橋真麻
加藤登紀子、熊谷真実、小籔千豊、増田貴久(NEWS)

タイトルとURLをコピーしました