【魔法のレストラン】三つ星「菊乃井」流『甘酒親子丼』(2019/2/13)

2019年2月13日放送の『水野真紀の魔法のレストランR』で紹介されたのは「甘酒親子丼」。作り方やポイントはこちら!



甘酒親子丼

料理人:「菊乃井」村田吉弘さん

いま大ブーム中の「甘酒」を使った簡単親子丼!なんと5分で出来ちゃいます♪

魔法のレストラン ミシュラン三ツ星 甘酒親子丼 菊乃井
(出典:魔法のレストラン

豊富な栄養で“飲む点滴”と呼ばれ、女性から注目を集めている「甘酒」。なんとここ数年で市場が5倍になったんだそう!

甘酒×ゴボウ→腸内環境改善効果がアップ

食物繊維が豊富なゴボウを甘酒と一緒に摂ると善玉菌が増え、腸内環境の改善につながります♪

甘酒を買う時は、賞味期限ギリギリのものを選んだ方が得!
生きた麹菌が入った甘酒の場合、出荷されてからも発酵が進み、菌が増えるためお得です♪
*加熱殺菌をしていない生きた麹菌が入った甘酒を使う方が良い

材料

(1人分)
鶏もも肉 40g
ゴボウ 10g
卵 2個
ご飯 200g
三つ葉 適量
粉山椒 適量

[丼だし]
だし 35ml
米麹甘酒 25ml
薄口しょうゆ 15ml

*通常の村田先生の丼だしの割合は「だし7:みりん5:しょうゆ3」。今回は「みりん」を抜いて、その代わりに甘酒を使います。

作り方

下ごしらえ
鶏もも肉:1cm角に切る(火が通りにくいので細かめに切る)
ゴボウ:包丁で縦に線を入れ、ピーラーでささがきにする

縦に切り目を入れてスライスすると簡単&時短に!

1.だし・しょう油を合わせる。

2.フライパンに(1)を入れて火にかけ、鶏もも肉・ゴボウを加えて火を通す。

3.溶き卵に甘酒を加え

麹菌は熱に弱い!70℃以上になると死んでしまうため、卵と合わせて入れると鍋の中の温度が下がり、甘酒の温度が上がりにくい。

4.フライパンに溶き卵を加え、強火で約15秒。半熟になったらご飯の上に盛る。

5.軸の部分を1.5cmに切った三つ葉を乗せ、粉山椒を振ったら完成!


今日レシピを教えてくれた先生のお店はこちら。

【店舗情報】
菊乃井(京都・東山)
住所:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町459
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:075-561-0015
≫≫ 一休レストラン
▽ネット予約はこちら
予約はこちら

ミシュランガイドに掲載されています

【ミシュランガイド京都2019】三つ星のお店一覧
2018年10月12日(金)発売の【ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019】。こちらのページでは京都で『三つ星★★★』を獲得したお店(飲食店・レストラン)を一覧にまとめました。ミシュラン京都 3つ星▼ 2020年版の情報はこちら(201


MBS毎日放送「魔法のレストランR
水曜 19時00分~19時56分
出演者:水野真紀 V6長野博 ロザン(菅広文・宇治原史規) 他

タイトルとURLをコピーしました