【ちちんぷいぷい】だしを味わう!甘鯛の茶そば(2018/11/20)

シェアする

2018年11月20日の『ちちんぷいぷい』「キッチンぷいぷい」のコーナーで紹介されたレシピは『だしを味わう!甘鯛の茶そば』。詳しい作り方はこちら!今夜の夕食の献立の参考にどうぞ♪

スポンサーリンク



今週のテーマは「京の味覚でごちそうどすえ」。

だしを味わう!甘鯛の茶そば

担当:中辻 利宏先生(堺東にんにん)

レシピ ちちんぷいぷい キッチンぷいぷい 作り方 材料 甘鯛の茶そば
(出典:ちちんぷいぷいHP

材料

(2人分)
甘鯛 1/2尾(約350g)
しめじ 40g
水菜 20g
茶そば 2束
松葉柚子 2個
塩(甘鯛のアラ・中骨用) 5g
塩(甘鯛の身用) 適量

[A]
水 800cc
酒 100cc
昆布 3g

[B]
みりん 30cc
うすくちしょうゆ 30cc
しょうゆ 5cc


作り方

下ごしらえ
甘鯛
1.頭・中骨・身にわける。
2.頭と中骨は塩(5g)を全体にまぶし、30分ほど置く。
3.流水に10分ほどさらし、ペーパーで水分を拭く。
4.身は4等分に切り分け、塩を軽くふる。

しめじ:食べやすい大きさにわける。
水菜:下茹でし、5cm長さに切る。


1.茶そばは袋表示より1分短めに茹でる。

2.甘鯛の頭・中骨・身の部分は表面に焼き色が付くまでグリルで焼く。

スポンサーリンク

3.鍋に[A]・甘鯛の頭・中骨を入れ、強火で2分ほど炊き、アクを取る。

4.アクが出なくなったら弱火にし、18分ほど炊く。

5.(4)を一度濾し、600ccになるように計る(足りない場合は水を足す)

6.鍋に(5)のダシを戻し、[B]で味付けをする。

7.しめじ・甘鯛の身を入れて、ひと煮立ちさせる。

8.器に水を切った茶そばを入れ、(7)の甘鯛の身・しめじをのせる。

9.水菜、松葉柚子を盛り付ける。

10.だしをかけたら完成!


次回のレシピは「黒地鶏の野菜巻き」です♪

▼ 前回の「キッチンぷいぷい」で紹介されたレシピ

2018年11月19日の『ちちんぷいぷい』「キッチンぷいぷい」のコーナーで紹介されたレシピは『千枚漬けの棒寿司』。詳しい作り方はこちら!今夜...

今日レシピを教えてくれた先生のお店はこちら。

【店舗情報】
堺東にんにん
住所:大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-4
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:072-227-0556
≫≫ ホットペッパーグルメ
▽ネット予約はこちら
予約はこちら
スポンサーリンク


MBS毎日放送「ちちんぷいぷい
月~金曜 13:55~17:50