【魔法のレストラン】カボチャほくほく!クリームシチュー(2019/1/16)

2019年1月16日放送の『水野真紀の魔法のレストランR』で紹介されたのは、「神戸北野ホテル」山口シェフの「カボチャほくほく!クリームシチュー」。作り方やポイントはこちら!



カボチャほくほく!クリームシチュー

料理人:神戸北野ホテル 総料理長 山口浩シェフ

フレンチの巨匠「神戸北野ホテル」の山口シェフが、冬の定番「クリームシチュー」のレシピを伝授!

市販のルーに卵黄を加えるだけで一流ホテルの味に!

簡単に美味しく、さらに栄養もお得にゲット!

魔法のレストラン レシピ 作り方 材料 神戸北野ホテル 山口シェフ かぼちゃクリームシチュー
(出典:魔法のレストラン

材料

(2人分)
鶏むね肉 180g
カボチャ 250g
タマネギ 100g

クリームシチューのルウ 45g
水 200ml
牛乳 150ml
卵黄 1個
オリーブオイル 10ml
塩コショウ 適量
バター 15g
ハーブ(シブレット) 適量


作り方

下ごしらえ
カボチャ:タネとワタをスプーンでそぎ取り、ワタからタネを取り除く。

*カボチャのワタを捨てると栄養が損!
βカロテン」は実よりもワタに多く含まれている。ワタは捨てず、種を取り除いて使う!

1.カボチャの実はひと口大に切り、ワタは細かく刻む

2.カボチャの実にオリーブオイル・塩コショウをしてアルミホイルで包み、グリルで10分焼く。

3.鶏むね肉は皮目をパリッと焼き、身をさっと焼いたらフライパンから取り出し、アルミホイルに包んで10分間隠岐、余熱で火を通す

*鶏肉をジューシーに仕上げる裏ワザ
鶏肉の焼き時間は「皮面9:身1
あとは余熱で火を通してふっくらジューシーに!

4.鶏肉を焼いたフライパンにバター・オリーブオイルを足し、玉ねぎ・カボチャのワタ・(2)のカボチャの実を炒める。

5.水・牛乳を加え、ひと煮立ちさせる。

6.刻んだクリームシチューのルーを加える。

*ルウは刻んでおくと溶けやすい!

7.火を止めてから卵黄を混ぜ、ひと煮立ちさせる。

*市販のルーが劇的に美味しくなるワザ
卵黄を入れることで市販のルーにないコク・まろやかさをプラス!
また、卵黄のビタミンDで牛乳やルーに含まれるカルシウムの吸収率もUP

8.皿に盛り、切った鶏肉を上にのせ、ハーブをトッピングする。


今日レシピを教えてくれた先生のお店はこちら。

【店舗情報】
神戸北野ホテル
住所:神戸市中央区山本通3-3-20
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:078-271-3711
≫≫ 一休レストラン
▽ネット予約はこちら
予約はこちら


MBS毎日放送「魔法のレストランR
水曜 19時00分~19時56分
出演者:水野真紀 長野博 ロザン(菅広文・宇治原史規) 松島花 山口浩(「神戸北野ホテル」総料理長) 河田直也(MBSアナウンサー)

タイトルとURLをコピーしました