【男子ごはん】「メカジキのコトレッタ プッタネスカ」の作り方|夏のイタリアン

2022年7月17日放送の『男子ごはん』、テーマは夏のイタリアン。こちらのページではその中で紹介された「メカジキのコトレッタ プッタネスカ」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

お家で簡単に作れる!夏のイタリアン

今日のテーマは、イタリア国旗に使われている緑色、白色、赤色をイメージした夏のイタリアン

スポンサーリンク

メカジキのコトレッタ プッタネスカ

パスタなどに使われるプッタネスカソースをカツレツのソースに!

プッタネスカソース

アンチョビやオリーブなどを使ったパスタなどに使われるトマトソース

男子ごはん 夏のイタリアン
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(2人分)

  1. メカジキ 小4切れ
  2. モロッコいんげん 3本(75g)
  3. 塩 適量
  4. 黒こしょう 適量
  5. パン粉 適量
  6. オリーブオイル 大さじ4
  7. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    [バッター液]

  8. 卵 1個
  9. 薄力粉 大さじ1
  10. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    プッタネスカソース

  11. トマトの水煮缶(ダイスカット)1缶
  12. アンチョビ 2枚
  13. にんにく 1片
  14. ケッパー 大さじ1/2
  15. オリーブオイル 大さじ2
  16. 塩 小さじ1/2

作り方

  1. バッター液作り。
    卵(1個)と薄力粉(大さじ1)をよく混ぜ合わせる(ダマがなくなるまで)。
  2. メカジキ(3本)は片面に塩(小さじ1/3)黒こしょう(適量)を振る。
  3. メカジキをバッター液にからませ、パン粉(適量)をまぶす。
  4. モロッコいんげん(3本)はヘタを切り落とす。
  5. 「プッタネスカソース」作り。
    にんにく(1片)はみじん切りにする。アンチョビ(2枚)ケッパー(大さじ1/2)はペースト状になるまで細かく叩く。
  6. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)・にんにく・アンチョビ・ケッパー・トマトの水煮(1缶)を入れてから火をつけ(中弱火)、混ぜながら5分ほど煮詰める。
  7. オリーブオイル(大さじ1)塩(小さじ1/2)を入れて混ぜ、味を調えたら「プッタネスカソース」の完成!
  8. フライパンを熱してオリーブオイル(大さじ4)を引き、モロッコいんげんを入れ、フタをして強火で揚げ焼きにする。
    少し焼き目がついたら取り出し、塩(ひとつまみ)を振る。
  9. 同じフライパンに(3)のメカジキを入れ、中火で揚げ焼きにする。
    両面がこんがりときつね色になったら、油を切って取り出す。
  10. 器にプッタネスカソースを敷き、焼いたメカジキをのせる。モロッコインゲンを添えたら完成!
スポンサーリンク

同じ日に紹介された他のレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

「男子ごはん」レシピ本の購入
  1. 楽天市場で探す
  2. Amazonで探す
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

『男子ごはん』その他の記事はこちら↓


テレビ東京「男子ごはん」
日曜 11時25分~11時55分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました