【青空レストラン】山形県米沢市「小野川豆もやし」お取り寄せ&レシピまとめ

2022年12月24日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、山形県米沢市の「小野川豆もやし」。豆もやしを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

山形県米沢市「小野川豆もやし」

今日の食材は山形県米沢市の小野川豆もやし

ゲストは広末涼子さん。豆もやしの収穫&料理も作る!クリスマスには山形・米沢牛で作る絶品すき焼きで乾杯!ロングもやしで作る絶品酸辣湯麺&ピザ生地にも変身!

スポンサーリンク

「小野川豆もやし」とは

「小野川豆もやし」とは、米沢の小野川温泉で作られている、全長約30cmもの細長い豆もやしのこと。温泉の熱を利用して、冬の寒い時期にのみ生産されています。

青空レストラン もやし 小野川町 山形県 米沢市
(出典:https://www.city.yonezawa.yamagata.jp/2022.html)

地下を流れる温泉水の上に板を置き、砂を敷いた砂床に隙間もないほど「もやし豆」を敷き詰め、砂をかけて光が入らないように藁でフタをすると、温泉からの適度な温度・湿度がもやしの成長を促し、約7日間で30センチくらいまで育ちます。

豪雪地帯の山形・小野川温泉では冬は雪に閉ざされるため、昔は新鮮な野菜が手に入らなかったんだそう。そんな中「小野川豆もやし」は300年ほど前からこの土地で作られてきた山形の伝統野菜。自家用野菜として小野川でのみ食べられてきたんだとか。

「小野川豆もやし」の特徴は、白い茎のシャキシャキとした歯ごたえと、甘くてしっとりとした豆の風味。ビタミンB1・B2・ビタミンCなども多く含まれています。



「豆もやし」のレシピ

茹で豆もやし

↓ 材料・作り方はこちら!

もやしの明太バター炒め

↓ 材料・作り方はこちら!

もやしの酸辣湯麺風

↓ 材料・作り方はこちら!

もやしでピザ風

↓ 材料・作り方はこちら!

小野川豆もやしと米沢牛のすき焼き

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

お取り寄せ情報


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました