【青空レストラン】東京 日本橋「手取りはんぺん」レシピまとめ&お取り寄せ

2021年2月13日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、東京都中央区日本橋の「手取りはんぺん」。「ガリバタエッグ」「はんぺんカツ」「エビ焼売」「おでん」など、手取りはんぺんを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

東京 日本橋「手取りはんぺん」

今日の食材は東京・日本橋の手取りはんぺん!300年以上続く伝統の「手取りはんぺん」が和・洋・中に変身!はんぺんステーキ、フライ、エビシュウマイなど絶品レシピが続々登場します!

「手取りはんぺん」とは

今回紹介するのは、東京日本橋で300年以上続く老舗の練り物屋『神茂かんも』の「手取りはんぺん」。

青空レストラン 東京 日本橋 手取りはんぺん
(出典:https://www.hanpen.co.jp)

日本橋にはかつて魚河岸があり、関東大震災で焼失して築地に移るまで“江戸の台所”として賑わっていました。その当時、江戸幕府は「ふかのひれ」「干しあわび」「干し海鼠」を中国に輸出してました。そこで、ヒレを取った残りの鮫が多く市場に出回ったところから、蒲鉾屋がつくり出したのが「はんぺん」。

湯治のはんぺんは鮫の肉を包丁の“みね”で叩いて裏ごしし、塩・山芋・米の粉を混ぜて作っていたんだそう。最近スーパーで売られているはんぺんの中には、鮫肉にタラのすり身などを混ぜて使っているものも多いそうですが、『神茂』では江戸時代から330余年変わらない伝統製法を守り続けています。

身が柔らかい「ヨシキリ鮫」を6割、旨みの強い「青鮫」を4割の割合で使用。そこに塩・山芋・卵白で味付けし、こだわりの食感と旨味を引き出しています。

青鮫:身質がしっかりしていて味も強く、半ぺんの味のまとめ役
よし切り鮫:別名「水鮫」。身質が柔らかくて空気を抱き込みやすいため、半ぺんの食感として不可欠。

作り方にもこだわりが。1枚1枚手作業で型取りしています。なので「手取りはんぺん」というんですね^^ ふわふわで、口に入れると旨味広がる当店のはんぺん、お取り寄せも可能です♪

紹介されたレシピ

エッグステーキ(ガリバタエッグ)

↓ 材料・作り方はこちら!

はんぺんカツ

↓ 材料・作り方はこちら!

エビ焼売

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「手取りはんぺん」のお取り寄せ

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました