【林修の今でしょ講座】めんつゆ時短レシピ「豚のめんつゆ生姜焼き」の作り方

2019年8月27日放送の『林修の今でしょ!講座』は、日本が生んだ最強調味料「めんつゆ」を特集!こちらのページではその中で紹介されためんつゆ秘伝レシピ調理時間たった2分!豚のめんつゆ生姜焼き」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!



スポンサーリンク

最強調味料「めんつゆ」簡単&時短レシピ

豚のめんつゆ生姜焼き

調味料はめんつゆと生姜だけ!調理時間わずか2分!香味野菜を使ったしょうが焼き♪

普段しょうが焼きを作る時はしょうが・しょう油・みりん・砂糖などでタレを作ります。分量を量ってタレを作り、しかも豚肉とタレに約10分漬け込み、味をしみこませるのが手間がかかって面倒…。でも「めんつゆ」なら、漬け込む必要もなく、調味料を量る手間も省けます!

林修の今でしょ講座 レシピ めんつゆ 簡単レシピ 時短レシピ しょうが焼き

材料

(2人前)
豚バラ肉 200g
長ねぎ 1/3本
しょうが(すりおろし) 大さじ1/2
にんにく(すりおろし) 小さじ1
めんつゆ 大さじ3

作り方

1.フライパンで豚バラ肉を焼く。

*豚バラ肉を使うと、火が通りやすい

2.肉が焼ける間にネギを切る。

3.肉の色が変わったら、しょうが・にんにくを入れる。

4.ネギを入れる。

5.最後にめんつゆを入れる。

6.豚バラ肉に完全に火を通せば完成!

ポイント

「めんつゆ」を使うと美味しさがアップする!

理由は「めんつゆ」に含まれるかつおだし。多くのめんつゆに使われている「かつおだし」には、うま味成分「イノシン酸」が豊富に含まれています。

種類の異なるうま味成分がかけ合わさると、うま味が飛躍的にアップすることは、ここ最近いろんなテレビ番組でも取り上げられていますよね。

カレーの仕上げにひと差し、玉子焼きに入れたり、トマトやチーズを漬け込んでも美味しいんだそう。

「めんつゆ」に含まれる「みりん」には浸透効果を高める働きが!

みりんの成分は10%がアルコール。アルコールは他の調味料を食材に浸透しやすくする働きが。そのため、だしや醤油が肉にしみこみやすくなるため、漬け込まなくてもいいんですね。

実際は通常のしょうが焼きの調理でもみりんは使いますが、めんつゆなら味が調い、失敗せずに作ることができますね♪

まとめ・感想

めんつゆって便利ですよね。いろんな料理に使えるのは知っていましたが、しょうが焼きにも使えるとは。そりゃ材料(調味料)がほぼ一緒ですもんね。さらに、めんつゆに入っている「かつおだし」のおかげでうまみがアップ!

豚バラ肉を使うと薄い分火の通りも早くてさらに時短に。「しょうが焼き風」だとは思いますが、ささっと作れて助かりますね。豚肉には夏バテにも効くビタミンB1がたっぷり含まれています。この時期にはピッタリですね!

その他紹介されたレシピ

【林修の今でしょ講座】めんつゆ時短レシピ「油を使わない唐揚げ」の作り方
2019年8月27日放送の『林修の今でしょ!講座』は、日本が生んだ最強調味料「めんつゆ」を特集!こちらのページではその中で紹介されためんつゆ秘伝レシピ「油を使わない唐揚げ」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら! ...
【林修の今でしょ講座】めんつゆ時短レシピ!包丁・フライパン不要「きんぴらごぼう」の作り方
2019年8月27日放送の『林修の今でしょ!講座』は、日本が生んだ最強調味料「めんつゆ」を特集!こちらのページではその中で紹介されためんつゆ秘伝レシピ「包丁・フライパンが一切不要!きんぴらごぼう」についてまとめました。作り方や材料など詳しい...


テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」
火曜 19時00分~19時54分
出演:林修、松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)、草野満代、伊集院光、木南晴夏、花村想太、加藤シゲアキ
講師:白澤卓二、前橋健二
タイトルとURLをコピーしました