【林修の今でしょ講座】イチゴのすごいパワー!冬バテ・心臓病・肥満を防ぐ!(2019/1/29)

シェアする

2019年1月29日放送の『林修の今でしょ!講座』は、寒いこの時季だからこそ知っておきたい栄養を持つ「いちご」の健康効果を徹底的に学ぶ!「いちご」のビタミンCは最強!突然死の要因「冬バテ」を防ぐスゴい果物だった!?さらに、糖度の高いイチゴの見分け方や、ヘタに隠された意外な栄養素なども紹介!詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク



「いちご」の健康効果

いちご」のビタミンCは最強!突然死の要因「冬バテ」を防ぐスゴい果物だった!?
現在急増している「冬バテ」とは一体何!? それを防ぐ「いちご」の栄養効果を学びます!

さらに、糖度の高いイチゴの見分け方や、ヘタに隠された意外な栄養素なども紹介!

林修の今でしょ!講座 健康効果 いちご 冬 パワー

教えてくれるのは、金沢市異業種研修会館館長、金沢大学名誉教授 薬学博士の太田富久先生。太田先生は、食材の栄養素と健康に関する研究を長年行っていて、日本薬学会アメリカ化学会などに所属する食材と栄養素のスペシャリスト。世界で初めていちごにしかない栄養素を発見したという「いちご博士」。

イチゴのすごいパワー!

突然死の要因「冬バテ」を「いちご」が予防!

冬バテ」とは?

夏バテ→暑さが原因で体がだるくなり食欲も低下する
冬バテ→寒さが代謝力を下げ、活力を落とす。寒さから倦怠感、肌荒れ、免疫力が低下

もっと怖いのは心臓などの循環器系の血管の作用が弱くなり、心臓病の確率が上がってしまうこと。「冬バテ」は馴染みがないため、気付かずに症状が悪化して突然死を招く危険があるんだそう。

そんなおそろしい「冬バテ」は「冬型ビタミン欠乏症」と呼ばれ、冬のビタミン不足が大きな要因となっています。

冬は体を温めるため、アドレナリンを出そうとします。その時にビタミンB1やビタミンCが大量に必要となります。また、年末年始はアルコールを摂る機会が多くなりますが、アルコールの分解にもビタミンが必要になるなど、体の中でビタミンを使うことが多いので、不足気味になるんですね。

その不足するビタミンを手軽に補給できるのがイチゴなんですね!

イチゴは果物類でトップクラスのビタミンCを含んでいます。意外なことに、みかんの約2倍!

ビタミンC含有量(100gあたり)
いちご:62mg
みかん:35ng
レモン:100mg
キウイ:69mg

レモンやキウイなど、イチゴよりもビタミンCを多く含む果物もありますが、先生いわく、皮を剥く必要もなく手軽においしく食べられるイチゴが最適なんだそう。

ビタミンCは体内では作られず、食事など外部から摂取するしかありません。ビタミンCが不足すると、血管や臓器の働きが弱くなり、体内の老化が進んでしまうので、イチゴを食べて、元気に冬を乗り切りたいですね。

冬バテ対策に役立つイチゴの食べ方
毎食デザートにいちご3粒食べれば十分補える!

ちなみに、ビタミンCを摂りすぎることによる弊害はないんだそう。摂り過ぎについてはあまり考えなくてもいいそうです。


心臓病対策にもイチゴ!

いちごのアントシアニンは心臓病のリスクを32%軽減!

毎日少しずつでも継続して食べるのが大切。
練乳や牛乳など脂質と一緒に摂ると吸収率がUP!

スポンサーリンク

新発見!肥満対策にもイチゴが効く!

いちごにしか含まれていない「いちごタンニン」が脂肪をつくるホルモンを抑制してくれる!

また、いちごの香りをマウスに嗅がせると体重の増加を抑制してくれるという結果も。
今後のさらなる研究に期待ですね!


虫歯予防にもイチゴ!

イチゴには虫歯予防に役立つキシリトールが豊富!

海外では、虫歯の本数が減ったという報告もあるんだとか。


栄養素をムダにしない正しい食べ方&選び方

美味しいいちごの選び方

ビタミンCが多く含まれているのは?
A:酸味のあるいちご
B:糖度が高いいちご
正解 → B:糖度が高いいちご
熟成すると糖度が高くなる→それにつれビタミンCの量も多くなる
いちごのビタミンCが特に多く含まれているのは?
A:ヘタの部分
B:先端部分
正解 → A:ヘタの部分
ビタミンCは枝を通してヘタの方から送られてくる
甘いイチゴの見分け方
大きさ:大きいいちごの方が甘い!
色:つぶつぶまで赤いいちごが完熟のサイン!
ヘタ:反り返っている方が新鮮!

いちごのつぶつぶは種ではなく「果実」。
果実と思って食べていたところは、実は「花托(かたく)」。果実を守るために発達した花の芯。
いちごの完熟度はつぶつぶをチェック!完熟したいちごはつぶつぶも赤くなる


正しいいちごの洗い方

ヘタを切り落としてから水洗いするとビタミンCが半分ほど流れ出してしまう…
ヘタを取る前に水で洗い、キッチンペーパーなどで水分を拭く。

ちなみに、海外ではヘタごと食べることも。いちごのヘタには胃や腸を守るクロロフィルが含まれているので、スムージーなどにする際はヘタごと使うのがオススメです。


正しいイチゴの保存法

鮮度を保つ方法 → 先端を上向きにして保存する
*先端を上向きにすると実が傷つきにくい

いちごは接触に弱い…。傷つくと鮮度が落ち、周りの実にも影響してしまいます。
ヘタを下にしてラップをして冷蔵庫に入れることで、5~6日は保存可能となります♪

ちなみに、冷たいいちごは舌が糖度を感じにくいため、常温に戻してから食べるのがオススメです!


オススメ!イチゴレシピ

いちご×バルサミコ酢

いちごのバルサミコソース添え
バルサミコ酢に砂糖を混ぜ、特製ソースをつくり、イチゴにかけて食べる。

バルサミコソースは一度作れば作り置きができるのでオススメ!

いちご×牛乳

いちご牛乳
半分に切ったイチゴに牛乳を加え、10秒間ミキサーにかける。

いちごをミキサーで細かくすることでビタミンCの吸収率がUP!
また、ビタミンCがカルシウムの吸収率をUPしてくれます。

自家製いちごジャム×ヨーグルト

自家製いちごジャム
いちごにグラニュー糖をかけて一晩寝かせ、強火で20分煮詰める

いちごに含まれるビタミンCは水溶性。ジャムだと流れ出たビタミンCも効率よく摂ることができる。

いちご×アボカドサラダ

アボカドに含まれるビタミンA・ビタミンEと、いちごに含まれるビタミンCは、単品で摂るよりも一緒に摂る方が免疫力アップの効果が期待できる!
アボカドサラダにイチゴをトッピングするだけでビタミンACEが手軽に摂れる!


その他の番組で紹介された「イチゴ」の情報

2019年2月5日放送の『教えてもらう前と後』はイチゴの健康パワーを特集!冬の朝食を変える“最強イチゴ”!イチゴ使った調味料「イチゴ酢」でウ...
2019年2月5日放送の『教えてもらう前と後』はイチゴの健康パワーを特集!こちらのページではその中で紹介された「イチゴ酢」についてまとめまし...

その他紹介された情報

2019年1月29日放送の『林修の今でしょ!講座』は、今大注目!「亜鉛」の健康効果を学びます!亜鉛が不足すると、抜け毛・肌荒れ・老化の原因に...
2019年1月29日放送の『林修の今でしょ!講座』は、寒いこの時季だからこそ知っておきたい栄養を持つ「チョコレート」の健康効果を学びます!チ...

スポンサーリンク


テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」
火曜 19時00分~19時54分
出演:林修、松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)、名取裕子、井戸田潤、滝沢沙織、城田優、朝日奈央、伊集院光
講師:太田富久/ 小野靜一/ 椎名一紀