【青空レストラン】鳥取県「大山ブロッコリー」お取り寄せ&レシピまとめ

2022年11月26日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、鳥取県大山町の「大山ブロッコリー」。大山ブロッコリーを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

鳥取県「大山ブロッコリー」

今日の食材は鳥取県大山町の大山ブロッコリー

スポンサーリンク

「大山ブロッコリー」とは

「大山ブロッコリー」は大山山麓で栽培されるブロッコリーの名称。大山町だけではなく、米子・日吉津・日野などで栽培されたブロッコリーを指します。

青空レストラン 鳥取県 大山町 大山ブロッコリー
(出典:https://www.instagram.com/aozora_official/)

大山山麓は真っ黒な黒ぼく土で、水はけがよくてとてもやわらかく、有機物を多く含み、豊かなミネラルを含んでいます。これが美味しいブロッコリーができる秘密の1つでもあるんだそう。年間平均気温は約15℃、昼夜の平均温度差が約8℃とブロッコリーの栽培に適した環境。また、標高差のおかげで、夏場を除く10ヶ月間という長い間、収穫が可能なんだとか。

ブロッコリーは昭和40年代後半に、大山町で転作作物として導入され、西日本一の産地を誇っていたんだとか。しかし、平成に入り、連作による病気の発生や米国産など輸入ブロッコリーの影響で一時低迷。

そこで、大山周辺では、全国に先駆けて葉付き出荷を行い、産地表示を示して、輸入品との差別化に成功しました。



「大山ブロッコリー」のレシピ

ブロッコリーのふわふわ揚げ

↓ 材料・作り方はこちら!

ブロッコリーのきんぴら

↓ 材料・作り方はこちら!

ブロッコリーの生春巻き

↓ 材料・作り方はこちら!

ブロッコリーのクリームシチュー

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

お取り寄せ情報

かにみそバーニャカウダ
鳥取県境港産の紅ズワイガニのかにみそ、地元大山乳業の生クリームをふんだんに 使って仕上げたバーニャカウダソース。
かにみその濃厚な味わいとにんにくの香りが食欲をそそり、様々なシーンで大活躍!

季節の野菜やバゲットなどにディップソースとしてつけてるのはもちろん、鷹の爪やキャベツを加えてパスタと和えた「かにみそペペロンチーノ」や、おにぎりと合わせた「焼きおにぎり」など、 アレンジ料理にも◎!


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました