【青空レストラン】大阪府岸和田市「泉州しらす」お取り寄せ&レシピまとめ

2022年10月29日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、大阪府岸和田市の「泉州しらす」。泉州しらすを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

大阪府岸和田市「泉州しらす」

今日の食材は大阪府岸和田市の泉州しらす!ゲストの佐藤隆太さんと大阪・岸和田のシラス漁へ!生シラスと釜揚げシラスのお寿司、シラスハンバーグ、シラスとイワシの親子ラーメン…様々な料理で丸ごとシラスを味わいます!

スポンサーリンク

「泉州しらす」とは

大阪湾は淀川や大和川など多くの河川が流れ込み、魚介類の餌となるプランクトンが豊富に含まれています。ここで捕れるしらすは、このプランクトンを食べて育ち、丸々と肥り、脂のノリが非常に良いのが特徴。これまでは近隣の兵庫県や和歌山県へ運ばれて加工されていました。しかし近年、大阪湾で捕れたしらすのブランド化を目指し、しらすの入札場を大阪に作りました。

今回紹介した「イカリフーズ」はその大阪産のしらすを盛り上げるため、入札場の目の前に直売所やレストランを設置。鮮度にこだわったしらす製品や料理を提供しています。

鮮度を保つため、しらすを漁獲する船びき網は、漁獲後ただちにしらすを氷締めに。また、使用する海水や氷についても静菌作用のある装置を使うことによって長時間鮮度を保持することができるんだそう。また、漁場からの競り場までの距離も短いため、ほとんどが1時間以内に競りにかけられ、そのまま保冷庫で加工場に運ばれ、直ちに釜揚げしらすやちりめんじゃこに加工されます。そんなスピーディーな加工処理で美味しさをキープしています。



「泉州しらす」のレシピ

しらすと玉ねぎのかき揚げ

↓ 材料・作り方はこちら!

しらすハンバーグ

↓ 材料・作り方はこちら!

しらすとチーズのたこ焼き風

↓ 材料・作り方はこちら!

しらすのラーメン

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「泉州しらす」のお取り寄せ


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました