【青空レストラン】宮崎「サクラマス」お取り寄せ&レシピまとめ

2022年5月21日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、宮崎県延岡市の「サクラマス」。サクラマスを使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

宮崎県延岡市「サクラマス」

今日の食材は宮崎県延岡市のサクラマス!宮崎県の学生社長が育てる幻の魚「サクラマス」は驚きの柔らかさ&風味!刺し身・ムニエル・黄金いくらご飯・ちゃんちゃん焼きを堪能します!

スポンサーリンク

「サクラマス」とは

青空レストラン 宮崎 延岡市 サクラマス
(出典:https://www.instagram.com/aozora_official/)

今日の名人・上野さんが代表を務める「Smolt(スモルト)」は、2019年に創業した宮崎大学発のベンチャー企業。サクラマスが川から海に下ろうとする時に、ヤマメ特有の模様が消え、体が銀色に変化する現象「銀化」という学術用語から命名したんだそう。

上野さんは学生時代からサクラマスの養殖の研究をしていて、地域の水産事業者の熱い思いに引かれて起業。宮崎県の豊かな海や恵まれた気候を活用し、地元の漁師さんと「サクラマス」と「つきみいくら」を作り上げています。

青空レストラン 宮崎 延岡市 サクラマス
(出典:https://www.instagram.com/aozora_official/)

Smoltでは、サクラマスの生活を人工的に再現する「循環型養殖」によって生産を行っています。エサのひとつにポリフェノールが含まれるバナナを取り入れるなど、川と海それぞれで育てる環境の変化に負けないようこだわりも。

これまで、時に大しけで海水の生け簀が壊れるなど多くの苦労を乗り越え、今では少しずつ生産できる量が増えてきたんだそう。

そんな「サクラマス」は濃厚な旨みととろけるような脂が絶品。そして、それでいてキメが細かく上品な舌触りが特徴です。



「サクラマス」のレシピ

サクラマスのムニエル

↓ 材料・作り方はこちら!

サクラマスのあら汁

↓ 材料・作り方はこちら!

サクラマスのちゃんちゃん焼き

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「サクラマス」のお取り寄せ


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました