【青空レストラン】「たま麩」お取り寄せ&レシピまとめ

2021年12月11日放送の『満天☆青空レストラン』で取り上げたのは、愛知県岡崎市の「たま麩」。たま麩を使ったアイデアレシピが続々登場!作り方や材料など詳しい情報はこ
ら!

スポンサーリンク

愛知県岡崎市「たま麩」

今日の食材は愛知県岡崎市『麩屋藤(ふやとう)』のたま麩

丸い形が特徴のもちもちフワフワのたま麩!出汁を吸ってトロトロになった玉麩のお吸い物&麩レンチトースト&麻婆麩&ヘルシー親子丼風など、お麩が主役のフルコースを堪能!

「たま麩」とは

今日紹介されたのは、愛知県岡崎市にある大正14年創業の老舗麩屋藤ふやとう。今も手作りにこだわり続け、「手焼き」「塗り」の作業をひとつひとつ丹精込めて行っています。今日の“名人”、柵木さんは「麩屋藤」の4代目。

「麩屋藤」の看板商品は「たま麩」。1番の魅力はインパクトのある見た目。極限まで膨らませた大きさにはビックリ!

「たま麩」の焼き加減はグルテンの調子によって毎日変わるんだそう。その変化を限りなく少なくし、毎日安定して大きさに焼き上げる技術は職人ならでは!麸屋業界では「グルテンの扱いが出来るようになったら一人前」と言われているぐらいなんだとか。

そしてその見た目のインパクトに負けないのが、一度食べたらクセになるという食感。もちもちフワフワ!そして、お吸い物に入れるととろ~りとした食感になるのも魅力のひとつ。

食べ方はとっても簡単。たま麩の底にお箸などで数カ所穴を開け、アツアツのお吸い物に浮かべるだけ!たま麩がだしを吸い込み、しっとりしたら完成です♪

また、お吸い物だけでなく、スープやおでんにもオススメ。お蕎麦やすき焼きにも◎!フレンチトーストのように焼いたり、デザートに添えてもおいしいんだそう。

いろんな料理に使えるので幅広い世代にも愛されています。お年寄りがお餅の代わりに「たま麩」を使うという声も。歳をとってからお餅を食べるのが不安でお雑煮やぜんざいが食べられなくなったという方も、たま麩を使ってお雑煮やぜんざいを楽しんでおられるそう。

「たま麩」のお取り寄せ
  1. 楽天市場で探す
  2. Amazonで探す


紹介されたレシピ

たま麩のお吸い物

↓ 材料・作り方はこちら!

麩レンチトースト

↓ 材料・作り方はこちら!

麻婆たま麩

↓ 材料・作り方はこちら!

たま麩の親子丼風

↓ 材料・作り方はこちら!

スポンサーリンク

「たま麩」のお取り寄せ

「たま麩」の購入はこちら!
  1. 楽天市場で探す
  2. Amazonで探す


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります


『満天☆青空レストラン』で紹介されたレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました