【相葉マナブ】旬の産地ごはん「大根」レシピまとめ

2018年2月11日放送の『相葉マナブ』“旬の産地ごはん”は千葉県袖ケ浦の「大根」。紹介された「大根」を使ったレシピはこちら!



スポンサーリンク

旬の産地ごはん「大根」

大根料理が食卓に出ない日はないという、千葉県袖ケ浦の農家の奥様4人に絶品大根料理を学びます♪

きめが細かく生でも美味しい大根の絶品料理に一同感動!

大根のかき揚げ

【材料】

(4人分)
大根 200g(約6㎝)
大根の葉 40g
塩(塩もみ用)大さじ1/2
天ぷら粉 100g
揚げ油 適量

【作り方】

1.大根の皮をむき、さいの目切りにする。
2.大根の葉はみじん切りにする
3.ボウルに大根と葉を合わせて塩をふり、塩もみする
4.15分寝かせたら水で洗い、布巾(さらし布など)でかたく絞って水気を切る
5.少し固めに作った衣をつけて170℃の油で揚げる

ポイント
・塩もみで大根の水分を出すことで、水分の多い大根もカラッと仕上がる

あんかけ大根もち

【材料】

(1枚分)
大根 200g(約6㎝)
焼豚 80g
桜えび 大さじ4
片栗粉 80g
小麦粉 40g
塩 ひとつまみ
水 120ml
サラダ油 小さじ2

[中華あん]
鶏ガラスープ 200ml
しいたけ 2枚
しょうゆ 小さじ1
しょうが汁 1かけ分
水溶き片栗粉 大さじ1

【作り方】

1.大根を皮ごと千切りする ※繊維の方向(縦)に千切り
2.ボウルに①の大根、細切りにした焼豚、桜エビを入れる
3.片栗粉・小麦粉・塩を入れて混ぜ、水を加えて生地にする
4.フライパンに油をひき、③を入れて両面を焼く(片面6~7分)
5.鍋に鶏ガラスープと薄切りにしたしいたけを入れて煮立たせる
6.しょうゆ・しょうが汁を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける →中華あんの完成
7.⑤が両面焼けたら、最後にもう一度裏返して火を強め、表面をカリッとさせる
8.四角く切り分けてお皿にもりつけ、あんをかけたら完成!

ポイント
・一般的には大根もちはおろした大根を使うが、歯応えを活かすため千切りに!

ふろふき大根

【材料】

大根 1本
昆布だし 1.2ℓ
油 大さじ2

[ゆず味噌]
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
ゆず果汁 1/2個分

【作り方】

1.大根を4~5㎝に輪切りにし、少し厚めに桂剥きをする
2.切り口の両面に十字に隠し包丁を入れる
3.鍋に油をひき、大根に焼き目をつける
4.両面に焼き目が付いたら一旦取り出し、キッチンペーパーで鍋の油を軽くふき取る
5.鍋に昆布だしを入れ、大根を戻して煮込む(約40分)
6.ゆず味噌の調味料を鍋で温め、とろみがついてきたらゆずの絞り汁を加える

ポイント
・表面を焼けば煮くずれしにくい!面取りいらず。

大根餃子

【材料】

(16個分)
大根 8㎝
塩 大さじ1
片栗粉 適量
ごま油 大さじ2

[肉ダネ]
豚ひき肉 160g
たけのこ 40g
大根の葉 40g
塩コショウ 少々
鶏ガラスープの素 小さじ1
ごま油 小さじ1
生姜 1片

おろしポン酢

【作り方】

1.皮をむいた大根を5㎜幅で輪切りにする
2.大根に塩をかけ、15分ほど寝かせる
3.餡づくり。ボウルに肉ダネの材料を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる
4.②の大根がしんなりしたら、キッチンペーパーで水気を拭き取り、片面に片栗粉を薄くつける
5.大根に肉ダネをのせ、折りたたんで半月形にする
5.フライパンにごま油をひき、両面を焼く(フタをして中火で2分、裏返して弱火で3分)

塩やおろしポン酢でいただく♪

ポイント
・大根に塩をかければギョウザの皮代わりに♪

煮込み大根チャーハン(相葉くん作)

【材料】

(2人前)
大根 200g(約6㎝)
かつおだし 200ml

[A]
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ1
塩 少々

ごはん 300g
卵 2個
大根の葉 適量
油 大さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

【作り方】

1.1.5㎝ぐらいのさいの目切りにした大根をかつおだしで煮る
2.2~3分煮て大根が少し透明になってきたら調味料[A]を入れ、フタをせず約15分煮込む
3.ザルにあけ、汁けを切っておく
4.中華鍋に油をひき、溶き卵とご飯を炒める
5.刻んだ大根の葉を入れ、塩コショウで味を調える
6.煮込んだ大根を加えて軽く炒めたら完成!

ポイント
・調味料を入れる前に下茹でをすることで、短時間で味が染みて柔らかくなる


テレビ朝日「相葉マナブ」
日曜 18時00分~18時30分
出演:相葉雅紀、渡部建(アンジャッシュ)、澤部佑(ハライチ)

タイトルとURLをコピーしました