【ウラマヨ】伝説の家政婦makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」(2019/1/12)

2019年1月12日放送の『ウラマヨ』はあの大ヒット本のカリスマ(秘)裏側を徹底取材!主婦を中心に大ヒットしたレシピ本を出版したカリスマ、「伝説の家政婦」makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」とは!?ポリ袋でチーズinハンバーグが作れる!?フライパンいらずのお手軽レシピを大公開!紹介された情報はこちら!



スポンサーリンク

「伝説の家政婦」makoさんのウラ側

鍋やフライパンを一切使わず、「ポリ袋」で調理する『魔法のポリ袋レシピ』を出版し、12万部もの大ヒットとなったのは、元保育園の栄養士マコさん。なんとそのレシピ本がアマゾン全商品の中で販売数1位に輝いたこともあるんだとか。

レシピ本の詳細はこちら

「伝説の家政婦」とは、日本テレビ「沸騰ワード」で話題となった、家事代行マッチングサービス「タスカジ」のハウスキーパーさんのこと。「ヒルナンデス」をはじめ、中居くん司会の「金スマ」など、他のテレビ番組でも紹介され、大人気となっています。

マコさんも“伝説の家政婦”の1人。「ヒルナンデス」には定期的に出演していて、いつもスゴワザを披露しています。

マコさんといえば「ポリ袋調理」。強火にしたり弱火にしたり火加減の調節は不要!ポリ袋に材料と調味料を入れたらあとはお湯につけてほったらかし!簡単なだけでなく、時短&洗い物いらずと主婦に大反響となっています♪

「ポリ袋調理」とは?

[PR]マコさん「ポリ袋でつくりおき」レシピ本


紹介されたレシピ

簡単!時短!おいしい!ポリ袋調理♪

ポリ袋で「ブタキムチ」

1.ブタ肉をポリ袋に入れる。
2.めんつゆを入れてもみこむ。
3.キムチ・ニラ・モヤシを入れる。
4.風味付けにゴマ油を入れる。
5.空気を抜き、熱さを均等にして封をする。
6.鍋にポリ袋が触れないように皿を敷き、湯煎で約5分。

【ウラマヨ】魔法のポリ袋レシピ「豚キムチ」(2019/1/12)
2019年1月12日放送の『ウラマヨ』は「伝説の家政婦」makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」。こちらのページではその中で紹介された豚キムチについてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら! 簡単!話題のポリ袋...

ポリ袋で「鶏肉ときのこのバター蒸し」

1.鶏肉をポリ袋に入れる。
2.ポン酢を入れてもみこむ。
3.キノコとバターを加える。
4.空気を入れてふんわりとさせて封をする。
5.破裂しないように数か所に穴をあける。
6.電子レンジで約4分加熱する。

【ウラマヨ】魔法のポリ袋レシピ「鶏肉ときのこのバター蒸し」(2019/1/12)
2019年1月12日放送の『ウラマヨ』は「伝説の家政婦」makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」。こちらのページではその中で紹介された鶏肉ときのこのバター蒸しについてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら! 簡...

[PR]マコさん「ポリ袋でつくりおき」レシピ本

ポリ袋で「チーズin煮込みハンバーグ」

1.ポリ袋の中に合いびき肉・刻んだ玉ねぎ・パン粉・卵を入れる。
2.塩コショウを加え、混ぜ合わせる。
3.合いびき肉を平らにしてチーズをのせ、肉でチーズを包む。
4.ケチャップ・中濃ソース・トマトジュースを混ぜ合わせる。
5.(4)のソースを(3)に入れる。
6.ポリ袋の空気を抜いて縛る。
7.沸騰したお湯で30分湯煎する。

【ウラマヨ】魔法のポリ袋レシピ「チーズin煮込みハンバーグ」(2019/1/12)
2019年1月12日放送の『ウラマヨ』は「伝説の家政婦」makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」。こちらのページではその中で紹介されたチーズin煮込みハンバーグについてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら! ...

ポリ袋で「ショコラフレンチトースト」

1.ポリ袋の中に卵・砂糖・ココアパウダー・バニラエッセンスを入れる。
2.食パン・バターを加えてよく振る。
3.空気を入れてふんわりとさせて封をする。
4.破裂しないように数か所に穴をあける。
5.電子レンジで約4分加熱する。

【ウラマヨ】魔法のポリ袋レシピ「ショコラフレンチトースト」(2019/1/12)
2019年1月12日放送の『ウラマヨ』は「伝説の家政婦」makoさんの「魔法のポリ袋レシピ」。こちらのページではその中で紹介されたショコラフレンチトーストについてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら! 簡...

注意
※「ポリ袋調理」に使うポリ袋は必ず食品用・キッチン用の耐熱温度110℃の高密度ポリエチレン製の袋(半透明の袋)を使用しましょう!調理する時は商品の表示を必ず確認してください(スーパーに置いてある無料のポリ袋は耐熱性ではないことがほとんどです。使うことのないよう気を付けましょう!)
耐熱ポリ袋についてはこちら

[PR]マコさん「ポリ袋でつくりおき」レシピ本


伝説の家政婦マコさん 魔法のポリ袋レシピ本

材料をポリ袋に入れるだけの超簡単「ポリ袋レシピ」

●材料をポリ袋に入れて茹でるだけ。
●火加減は調整不要!
●“セミ真空調理”で旨みが浸透!
●1つの鍋で複数同時に調理可能!
●洗い物も少ない!

強火・弱火など微妙な火加減を気にせず、お湯に浸けたらほったらかし!料理初心者や苦手な方にもオススメです♪

また、1つの鍋でまとめて調理できるので、メイン+副菜が同時に作れて時短!ポリ袋で作るので洗い物も少ないのも助かりますね♪

そんなマコさんの「ポリ袋レシピ」のレシピ本は12万部の大ヒット!

第2弾「予約の取れない家政婦マコのポリ袋でつくりおき」も発売され、こちらも大ヒット中!

テレビで紹介されると毎回あっという間に売り切れてしまうので、気になる方はお早めに!

「伝説の家政婦」makoさんとは?
[プロフィール]
アイデア料理研究家。フードクリエイター。兵庫栄養調理製菓専門学校、祐成クッキングアートセミナーを卒業し、栄養士とフードコーディネーターの資格を取得。学生時代から、レストランのキッチン、お弁当屋、居酒屋のキッチンなどで働き、社会人になってからは栄養士、フードコーディネーター、料理専門の家政婦など様々な食に関わる仕事を経験。
(「BOOK」データベースより)

伝説の家政婦マコさんの「ポリ袋調理」とは?

「ポリ袋調理」とは?
ポリ袋に“食材”と“調味料”を入れる(中身を平らにし、しっかり空気を抜いて閉じる)

大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、耐熱皿を鍋底に敷き、火にかけて沸騰させる
*ポリ袋が鍋の底にくっついて破れないように耐熱皿を敷く

あとはポリ袋ごと鍋に入れるだけ!
※袋が浮いてしまう場合は、途中で上下をひっくり返す

・複数のポリ袋を同時に調理できるので時短
・ポリ袋を使うので洗い物いらず♪ 片付けがラク!
セミ真空調理になるので味が早く染み込む♪(栄養素が逃げない)


注意
※「ポリ袋調理」に使うポリ袋は必ず食品用・キッチン用の耐熱温度110℃の高密度ポリエチレン製の袋(半透明の袋)を使用しましょう!調理する時は商品の表示を必ず確認してください(スーパーに置いてある無料のポリ袋は耐熱性ではないことがほとんどです。使うことのないよう気を付けましょう!)

耐熱ポリ袋の購入はこちら


▼「伝説の家政婦」については、その他のテレビ番組でも多数紹介されています。
その他の「伝説の家政婦」のレシピ一覧

■関西テレビ ウラマヨ!
土曜 13時00分~13時56分
MC:ブラックマヨネーズ、アシスタント:高橋真理恵(関西テレビアナウンサー) 豊田康雄(関西テレビアナウンサー)
金村義明、鈴木紗理奈、さゆり(かつみさゆり)、モンスターエンジン(西森洋一・大林健二)

タイトルとURLをコピーしました