「桜えびのかき揚げ 半熟卵添え」・「タコと里芋の桜煮」【ちちんぷいぷい】

シェアする

2018年3月26日&3月27日の『ちちんぷいぷい』”キッチンぷいぷい”で紹介されたレシピは『桜えびのかき揚げ 半熟卵添え』と『タコと里芋の桜煮』。詳しい作り方はこちら♪

スポンサーリンク



今週のテーマは「食卓でお花見!桜メニュー」。

桜えびのかき揚げ 半熟卵添え

2018年3月26日放送のレシピ。
担当:卜部 吉恵先生(和旬 撫子

レシピ ちちんぷいぷい キッチンぷいぷい 3月26日 桜えびのかき揚げ半熟たまご添え 桜メニュー
(出典:ちちんぷいぷいHP

【材料】

(2人分)
桜えび(釜揚げ)30g
たけのこ水煮 50g
三つ葉 5本
たまご 2個

片栗粉 大さじ1
小麦粉 大さじ1
水 大さじ1
サラダ油 適量

[天だし]
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
さとう 小さじ1
水 100cc
だしパック 1パック


【作り方】

[下ごしらえ]
たけのこ水煮:1㎝角に切り、水気を切っておく
三つ葉:1㎝の長さに切る

1.ボウルに桜エビ・たけのこ・三つ葉を入れる。片栗粉・小麦粉(各大さじ1杯)を入れて混ぜる。

2.水を加え、ひとかたまりになるよう混ぜる。(様子を見ながら水の量は調整する)

3.2等分に分け、180℃の油で揚げる。(スプーンで鍋肌から入れる)

4.割った卵を油の中にそのままゆっくり落とす。

5.鍋に[天だし]の材料を入れ、日にかける。

6.揚がったかき揚げ・卵を器に盛り付け、天だしをかけたら完成!


旬の食材「桜エビ」を使だけで、春っぽさやお花見感がでますね♪
卵を油の中に入れるの、ちょっと勇気が要りますが、なんかちょっとプロっぽい料理になります(^^♪


【店舗情報】
和旬 撫子
住所:大阪市中央区東心斎橋1-6-19 YAMATOビル2階
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:06-6281-8411
≫≫ 食べログ

タコと里芋の桜煮

2018年3月27日放送のレシピ。
担当:中辻 利宏先生(堺東にんにん

スポンサーリンク

レシピ ちちんぷいぷい キッチンぷいぷい 3月27日 タコと里芋の桜煮
(出典:ちちんぷいぷいHP

「桜煮」とは:“タコのやわらか煮”のこと。煮た時の形が桜の花びらに似ていることや色合いから、その名がついたと言われる。

【材料】

(2人分)
タコ(ゆでだこ)330g
里芋 4個
大根 1.5㎝厚さの輪切り×4個
スナップエンドウ 4本

[A]
水 500cc
炭酸水 100cc
酒 50cc
しょうゆ 60cc
たまりしょうゆ 10cc
さとう 大さじ8
和風だしの素 小さじ1

ポイント
※大根に含まれる酵素がタコを柔らかくする

【作り方】

[下ごしらえ]
里芋:皮をむいて半分に切る
大根:半月切りにする

1.タコの足全体に格子状に切り込みを入れる。

ポイント
切り込みを入れることで味がなじみやすくなり、やわらかくなる

2.鍋に①のタコ・大根・里芋・[A]を入れる。

3.クッキングシートを落としブタにして火を点ける。

4.沸騰したら弱火にして40分ほど煮込む。

5.40分経ったら火を止めて冷ます。

6.食べる時にスナップエンドウを入れ、もう一度温めたら完成!


簡単に作れる日本酒が合いそうな春の一品。
食材はどこのスーパーでも売っており、余ったら他の料理にも使えるのも嬉しいですね♪
煮物は日持ちがするので作り置きしておくと夕飯に便利ですね(^^♪


【店舗情報】
堺東にんにん
住所:大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-4
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:072-227-0556
≫≫ ホットペッパーグルメ(ネット予約可)
予約はこちら
スポンサーリンク


MBS毎日放送「ちちんぷいぷい
月~金曜 13:55~17:50