【男子ごはん】スペインのおつまみ「タコのガリシア風」の作り方|ワールドカップ

2022年11月20日放送の『男子ごはん』、テーマは「FIFAワールドカップ 対戦国の料理を食べよう」。こちらのページではその中で紹介されたスペインのおつまみ「タコのガリシア風」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

FIFAワールドカップ 対戦国の料理を食べよう

今日のテーマはW杯!ワールドカップ開幕にちなみ、同じグループ予選で戦うドイツ、コスタリカ、スペインの料理を作ります!

スポンサーリンク

スペインのおつまみ「タコのガリシア風」

熱々タコ×オリーブオイル!

男子ごはん ワールドカップ ドイツ料理 コスタリカ料理 スペイン料理
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

タコのガリシア風

ガリシア州の名物、タパス料理。
本場ガリシア州では「祭りだこ」と呼ばれ、お祭りで食べていたことから名前が付いた(諸説あり)

材料

(2人分)
  1. 茹でタコ 200g
  2. 塩 小さじ1/5
  3. パセリ(みじん切り)適量
  4. オリーブオイル 適量
  5. パプリカパウダー 適量
  6. レモン(くし形)適量

作り方

  1. 茹でタコ(200g)は沸騰させた蒸し器で4分ほど温め、食べやすくそぎ切りにする(断面は大きめに)。
  2. 茹でタコは蒸すことで旨味を逃さない
  3. 器に(1)のタコを盛って塩(小さじ1/5)を振る。
  4. オリーブオイル(適量)を回しかけ、パプリカパウダー(適量)パセリのみじん切り(適量)を振る。
  5. レモンを添えて完成!
スポンサーリンク

同じ日に紹介された他のレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

「男子ごはん」レシピ本の購入
  1. 楽天市場で探す
  2. Amazonで探す
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

『男子ごはん』その他の記事はこちら↓


テレビ東京「男子ごはん」
日曜 11時25分~11時55分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました