【男子ごはん】「青唐辛子と野沢菜のポテトサラダ」の作り方

2020年7月12日放送の『男子ごはん』は男のロマンシリーズ!テーマは「青唐辛子」。こちらのページではその中で紹介された「青唐辛子と野沢菜のポテトサラダ」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

男のロマンシリーズ「青唐辛子」

ひとつの食材に特化することをテーマにした“男のロマンシリーズ”。今回のテーマは「青唐辛子」!

青唐辛子と野沢菜のポテトサラダ

味付けにすし酢を使うことで、青唐辛子の旨辛にほどよい甘みをプラス!

男子ごはん レシピ 作り方 国分太一 栗原心平 男のロマンシリーズ 青唐辛子 ポテトサラダ
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(2~3人分)

  1. 青唐辛子 3本(200g)
  2. 野沢菜 150g
  3. じゃがいも 4個(500g)
  4. 紫玉ねぎ 1/4個(50g)
  5. バター 5g
  6. すし酢 大さじ2
  7. マヨネーズ 大さじ2
  8. 塩 小さじ1/3
少し甘みのある「すし酢」を使うのがポイント!

作り方

  1. 青唐辛子はヘタを取り、縦4等分に切ってからみじん切り。
  2. 野沢菜は汁気を絞って粗みじん切り。
  3. 紫玉ねぎは粗みじん切りにして水にさらす。
  4. じゃがいもは皮をむいて4等分に切る。
  5. 鍋に入れ、じゃがいもがかぶるくらいの水を加え、15分くらい茹でる。
  6. 竹串がスッと通るくらいになったら水分を捨て、再び火にかけて水分を飛ばす。
  7. ボウルに移し、マッシャーで滑らかになるまで潰す。
  8. じゃがいもが熱いうちに青唐辛子・バター(5g)を入れる。
  9. じゃがいもが熱いうちに青唐辛子を加えることで、青唐辛子に少し火が入り、辛みがじゃがいも全体に広がる
  10. 水気を切った紫玉ねぎ・野沢菜を加え、混ぜ合わせる。
  11. 粗熱を取り、冷蔵庫で30分ほど冷やす
  12. 冷めたら、塩(小さじ1/3)・すし酢(大さじ2)を加える。
  13. 熱いうちにすし酢・マヨネーズを入れると味が飛んでしまうので、冷ましてから加える
  14. マヨネーズ(大さじ2)を加え、和えたら完成!
  15. 酢を入れてからマヨネーズを入れる方がやわらかくなって混ぜやすい
スポンサーリンク

同じ日に紹介された他のレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

第12弾「男子ごはん」の本が発売!

書籍名 : 男子ごはんの本 その12
料金 : 1,980円(税込)
発売日 : 2020年4月20日(月)

掲載レシピ数100以上!
2019年2月24日放送分から約1年分のバラエティー豊かな四季のレシピを「メイン」「付合せ」ともに、余すところなく完全収録!
過去11作同様、料理写真はすべて国分太一が撮影!

● 行楽シーズンにおすすめ。食べ応え抜群の“スイートチリチキンカツバーガー&テリヤキ月見バーガー”
● 中華料理定番の組み合わせを和風にアレンジ。“桜エビと塩昆布の和風チャーハン&枝豆と高菜の餃子”
● ちょっとしたコツでキャンプごはんがワンランク上の味に! 季節の“BBQ料理”
● タイ本場の味を家庭で再現。程良い辛さがクセになる、本格“ガパオライス&トムカーガイ”
● 鍋料理の新提案。ゆずをたっぷり使って香り高く仕上げる“鶏のゆずしょうがみぞれ鍋”
● 四季折々の食材をたっぷり使った、やさしい味わいの主菜・副菜・汁物“季節の和定食”
● 番組600回突破を記念して、スペインロケを敢行! 現地での思い出フォトを紹介
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

『男子ごはん』その他の記事はこちら↓


テレビ東京「男子ごはん」
日曜 11時30分~12時00分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました