【男子ごはん】定番祭り「ペペロンチーノ」の作り方

2020年4月26日放送の『男子ごはん』、4月は“春の定番祭り”!今回のテーマは「本格的なのに簡単!パスタ3種」。こちらのページではその中で紹介された「ペペロンチーノ」についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

料理の基本「パスタ」本格的なのに簡単!

新生活応援スペシャル「春の定番祭り」。料理の基本から教えてくれます♪

今回のテーマはパスタ!お店の味のような本格派なのに、失敗しにくい簡単な調理法を伝授!

ペペロンチーノ

麺を茹でる前に先にソースを作り、そこに茹で汁を加えて麺に吸わせる!

パスタを先に茹でる
にんにく+辛さ+塩分+オイル+茹で汁のスープを麺に吸わせる

男子ごはん 料理の基本 パスタ ペペロンチーノ
(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/)

材料

(1人分)
フェデリーニ 100g
にんにく 2片
赤唐辛子(小口切り) 小さじ1/2
塩 適量
オリーブオイル 適量

パスタは1.4mmのフェデリーニを使用

作り方

1.にんにくは縦薄切りにする。

2.フライパンにオリーブオイル(大さじ2)・にんにくを入れ、弱火で加熱する。

3.にんにくが少し色づいてきたら、小口切りにした赤唐辛子を加える。

4.にんにくがきつね色になったら、にんにく・赤唐辛子を取り出し、火を止めて残った油を冷ます

5.熱湯にオリーブオイル(適量)・塩(適量)をを加え、フェデリーニ(パスタ)を入れ、表示時間より1分短く茹でる。

パスタは表示時間より1分短く茹でる(後でスープを吸わせるので短めに茹でる)

6.麺が茹で上がる1分ほど前に、(4)の冷ました油に茹で汁(大さじ2)・塩(小さじ1/3)を加え、よく混ぜ合わせて乳化させる(とろみをつける)。

SHINPEI’S POINT
冷めたオイルにパスタの茹で汁を加え、粘りのある乳化ソースを作る

7.茹で上がったパスタは茹で汁を捨てて水気を切り、にんにくオイルソースに加え、火を付ける。

8.汁気がなくなるまでザっと炒め合わせる。味をみて足りなければ塩で調える。

9.器に盛り、にんにくチップ・赤唐辛子を散らす。

スポンサーリンク

まとめ・感想

わが家でもペペロンチーノはよく作りますが、油を冷まして乳化させたソースを作るのは知りませんでした。いつも茹で汁を入れて乳化はさせていますが、油を冷ましてはいませんでした。その方がしっかりパスタに絡む(しみこむ)んですね。今度は是非この作り方で作ってみよう!


同じ日に紹介された他のレシピ

「男子ごはん」のレシピ本

第12弾「男子ごはん」の本が発売!

書籍名 : 男子ごはんの本 その12
料金 : 1,980円(税込)
発売日 : 2020年4月20日(月)

掲載レシピ数100以上!
2019年2月24日放送分から約1年分のバラエティー豊かな四季のレシピを「メイン」「付合せ」ともに、余すところなく完全収録!
過去11作同様、料理写真はすべて国分太一が撮影!

● 行楽シーズンにおすすめ。食べ応え抜群の“スイートチリチキンカツバーガー&テリヤキ月見バーガー”
● 中華料理定番の組み合わせを和風にアレンジ。“桜エビと塩昆布の和風チャーハン&枝豆と高菜の餃子”
● ちょっとしたコツでキャンプごはんがワンランク上の味に! 季節の“BBQ料理”
● タイ本場の味を家庭で再現。程良い辛さがクセになる、本格“ガパオライス&トムカーガイ”
● 鍋料理の新提案。ゆずをたっぷり使って香り高く仕上げる“鶏のゆずしょうがみぞれ鍋”
● 四季折々の食材をたっぷり使った、やさしい味わいの主菜・副菜・汁物“季節の和定食”
● 番組600回突破を記念して、スペインロケを敢行! 現地での思い出フォトを紹介
【栗原心平さんプロフィール】
1978年生まれの料理家。母親は料理研究家の栗原はるみさん。幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。


テレビ大阪「男子ごはん」
日曜 11時30分~12時00分
出演:国分太一 栗原心平

タイトルとURLをコピーしました