【TVで紹介】ほったらかし弁当「鶏そぼろ弁当」の作り方

2020年3月12日放送のeo光「ゲツ→キン」で紹介された魔法のお弁当レシピ「ほったらかし弁当」!こちらのページではその中で紹介された鶏そぼろ弁当についてまとめました。作り方や材料など詳しいレシピはこちら!

スポンサーリンク

ほったらかし弁当

忙しい朝が劇的に変わる「ほったらかし弁当」。調理器具はフライパンとクッキングシートのみ!クッキングシートをしっかりねじって蒸すだけ。ひっくり返したり、混ぜたりする必要なし。火加減も一定なので失敗知らず!まさに「ほったらかし」ですね♪

教えてくれるのは「朝8分ほったらかし弁当 フライパンで3品同時に作れる魔法のレシピ!」の著者、フードスタイリスト・フォトスタイリストの川崎利栄さん。

鶏そぼろ弁当

・かき混ぜる必要なし!
・仕上げでそぼろ状態に!

材料

(2人分)
鶏そぼろ
鶏ひき肉 200g
酒 大さじ1/2
生姜すりおろし 10g
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ1

卵そぼろ
卵 3個
砂糖 小さじ2

野菜
ほうれん草 50~60g

作り方

【ポイント】
*食材は必ず中央に置く
*両端はしっかりねじる(蒸す時にお湯が入らないように)
*フライパンは28cmのものを使う(なければ26cm)

野菜
1.クッキングシートは長さ30センチに切る(肉・魚などは45cmの長さが目安)。

2.クッキングシートの中央に3cm長さに切ったほうれん草を置く。

3.三つ折りの要領で野菜を包み、両端をキャンディ状になるようしっかりねじる

4.フライパンの端にのせる。

鶏そぼろ
1.クッキングシートの中央に鶏ひき肉をのせ、調味料が流れないよう中央に凹みを作る。

2.凹みにしょうゆ・酒・砂糖・生姜すりおろしを入れ、軽くなじませる。

*食材にまんべんなく調味料がいきわたらなくてもOK

3.三つ折りの要領で包み、両端をキャンディ状になるようしっかりねじる

4.フライパンの中央にのせる。

*肉や魚はしっかり火が通るよう、真ん中に置く。

卵そぼろ
1.クッキングシートを三つ折りにして両端をしっかりねじり、重なっている部分を中に押し込むように広げる。

*卵は液漏れしないよう先に器を作る。

2.溶き卵に砂糖をかき混ぜ、器に流し込む。

3.フライパンの端にのせる。

仕上げ
1.フライパンに水を入れる(水の量はクッキングシートの結び目より下)。

*クッキングシートが外にはみ出さないよう、フライパンの中におさめる。

2.フタをして火にかける(強火で8分)。

3.卵はあたたかいうちにフォークで崩し、そぼろ状にする。

4.鶏そぼろもフォークでそぼろ状にして調味料となじませる(調味料がこぼれないようバットの上で開ける)。

5.お弁当箱にごはんを詰め、鶏そぼろ・卵そぼろ・ほうれん草をのせれば完成!

スポンサーリンク

*追記(2020.3.30)「おはよう朝日です」でも紹介されました。

*追記(2020.4.2)「スッキリ」でも紹介されました。


まとめ・感想

クッキングシートで包んでフライパンで蒸すだけの簡単レシピ。火加減も調節不要、フタをしてほったらかしておくだけ。これでお弁当のおかずが一気に出来上がるとはビックリ。最近はお弁当用の冷凍食品も進化していて、お弁当作りもだいぶ楽になったとはいえ、やはりできれば手作りしたいですよね。でも朝は忙しい…。そんな時にこのレシピは助かります!

つい先日、ほったらかし弁当のレシピ本も出版されたんだそう。176もレシピが載っているとは助かりますね♪ 早速購入だ!


レシピ本はこちら!

書籍名 : 朝8分ほったらかし弁当 フライパンで3品同時に作れる魔法のレシピ!
金額 : 1,320円(税込)
著者 : 川崎 利栄

水を入れて強火で「8分蒸す」だけ!毎日使える176レシピを掲載!
道具はクッキングシート&ふた付きフライパンだけ。他の家事も同時進行!作りおきも不要!クッキングシートを捨てて、フライパンを軽く洗えばできあがり!作るのも片づけもラクラク!!

「川崎 利栄」プロフィール
フードスタイリスト/フォトスタイリスト。大阪・岸和田で170年以上続く染物屋に嫁ぎ、夫と3人の息子、夫の両親の大家族7人で暮らす。料理の仕事をするなか、フォトスタイリングジャパンで学び、フォトスタイリストとなる。レシピ制作、スタイリング、撮影をこなすマルチな活動をしている
(出典:朝8分ほったらかし弁当 フライパンで3品同時に作れる魔法のレシピ! [ 川崎 利栄 ]
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました